シュガー&クリーマー -11-

  
  プライベートなお知らせになりますが、6/14-6/24まで留守にします。

  この間の記事を予約投稿してまいります。

  記事内容はコレクションから シュガー&クリーマーセット の特集です。

  興味と関心のない方はごめんなさいね。






1975年、テキサス州のヒューストンに家族共々住み始めた。

日本からは押入れ一間の、天袋までを含めた量だけ引越荷物が認められていた。

家族4人の持ち物を考えると、とてもとても充分とはいえない大きさ!

そこで、食器は日本らしいものを持参、洋食器は現地調達。



当時は、インテリアはアーリーアメリカン、コロニアルスタイルで纏めていたので

選んだ食器は「アンティーク・グレイプ」というポッテリー。 (1964年発売)

デパートの店員も補充が利く、有名なパターンだから心配ないと薦めた。



葡萄柄


クリーマー葡萄


クリーマーのサイズは W11xH9センチ

現在では製造中止で、アンティークショップで手に入れられる。

コロニアルの家具とはマッチするが、その後の好みの移ろいで、今はお蔵入り。



毎日の食器はコーニングで揃えた。

デイッシュウォッシャーOK、割れにくい、軽いなど優れものの食器だった。



日本人の来客には洋食器で、アメリカ人には和食器でおもてなしをした。

いまはミックスでコーディネート!

素晴らしいテーブルコーディネートの秘訣は、簡単!!

組み合わせられる小物をどれだけ持っているかにかかっている。

手持ちの中で苦労してコーディネートできるのが最高のプロですよ。

          (予約投稿)



スポンサーサイト

シュガー&クリーマー -10-

  
  プライベートなお知らせになりますが、6/14-6/24まで留守にします。

  この間の記事を予約投稿してまいります。

  記事内容はコレクションから シュガー&クリーマーセット の特集です。

  興味と関心のない方はごめんなさいね。






ノリタケの商標は1904年に設立された会社で、旧社名は日本陶器。

古くから輸出向けの食器を扱ってきたメーカーである。

1876年、森村組を創り、弟と「モリムラ ブラザーズ」をニューヨークに出店。

オールドノリタケは1800年代末から第2次大戦後までの作品で豪華なものをさす。




ノリタケセット

定番の金彩盛り上げ。

手前が大きく写っているが、実際はバランスは取れている。

ノリタケ砂糖

砂糖入れのサイズは W17.5xD11xH10

上から砂糖ノリタケ

このパターンは種類が何通りかあり、有名な「NO.175」は大正初年から生産

され続けているロングセラー商品。

アメリカで買ったが、今でも手に入るので興味のある方は要チェック!

裏ノリタケ

この裏印もよく目にするものである。

ノリタケだけで一冊のマークブックがあるほど。

年代別はもとより輸出用、国内向け、有名な職人による作品、一般家庭用の

お手ごろなものまで幅広く、裏印で分けていたようだ。

日本が一生懸命、世界と肩を並べようとしていた時代の作品。

コーヒー用のポットとカップ&ソーサー、似たようなパターンのケーキ皿も揃えた。

1軒だけの店ではなく、結果的に集まったのであるが。

                  (予約投稿)


シュガー&クリーマー -9-

  
  プライベートなお知らせになりますが、6/14-6/24まで留守にします。

  この間の記事を予約投稿してまいります。

  記事内容はコレクションから シュガー&クリーマーセット の特集です。

  興味と関心のない方はごめんなさいね。






英語で ババリア(Bavaria)とはドイツ南部のバイエルンのこと。

アンティークショップで食器の裏に ババリア の文字があったらお買い物。

高級品ではないが一時期の古さを証明している。

シンプルなのでこれ以上の説明も写真も要らないのでは……。




ババリア

砂糖入れは W7xH9センチ

アールデコの図柄で模様はテープ状になっているトランスファーという転写紙を

使って焼いている。

金彩だけは手描き。

裏ババリア

どんなものであれ、王冠のマークがあれば、こちらも見っけもの!

ヨーロッパではドイツが磁器の発祥の地で、日本でいう伊万里という感じで

捉えられている。

小さいので家族用に、レディースのお茶の時間にいかがでしょうか。

       (予約投稿)



シュガー&クリーマー -8-

  
  プライベートなお知らせになりますが、6/14-6/24まで留守にします。

  この間の記事を予約投稿してまいります。

  記事内容はコレクションから シュガー&クリーマーセット の特集です。

  興味と関心のない方はごめんなさいね。






日本らしい感じのセットのご紹介。

形を見て、かぼちゃを連想してしまったが、、、、、。


菊柄

手前のクリーマーが大きく写っているが撮影者の腕の未熟さでバランスは

もちろん素晴らしい。

上から菊佐藤

W15xD12xH8.5

オフホワイトの地に薄く赤をぼかしているのは乙女の恥じらいの風情。

クリーマー菊


盛り上げ菊

オフホワイトの上に真っ白の盛り上げを使い、立体感と花びらの白さを強調。

この輸出向けの大振りなセットはアメリカで珍重されたのではないだろうか。

裏印がないので、どこの会社か、窯元か、、、、、。

           (予約投稿)




シュガー&クリーマー -7-


  プライベートなお知らせになりますが、6/14-6/24まで留守にします。

  この間の記事を予約投稿してまいります。

  記事内容はコレクションから シュガー&クリーマーセット の特集です。

  興味と関心のない方はごめんなさいね。






メリカにおけるレノックスについてはすでに6/16にご紹介。

ヨーロッパの名窯と競える存在となり、1918年にはホワイトハウスに

納入できるアメリカ初のメーカーにまで成長。




レノックス

1919年に発表された、シリーズ「オータム」

クリーマーレノックス 

W15.5xD9.8xH11

レノックスアップ

アイボリーの地肌に花とフルーツ柄が映え、エナメルのドットが豪華

盛り上がっているところは手彩

レノクッス裏




柔らかな優しい美しさは現在でも人気の高いセットである。

                              (予約投稿)





シュガー&クリーマー -6-


  プライベートなお知らせになりますが、6/14-6/24まで留守にします。

  この間の記事を予約投稿してまいります。

  記事内容はコレクションから シュガー&クリーマーセット の特集です。

  興味と関心のない方はごめんなさいね。






アメリカのアールデコ様式?のセット。

写真で実物の色が上手く出ないのが残念、本物はグレイッシュブルー。

    (わたしのデジカメ、ブルー、紫、赤などが表現できない)

わたしのテイストではないにもかかわらず、どうしても手に入れたかった品。

砂糖入れが薄っぺらな形で、クリーマーがどっしりとした安定型。



セットモダン


入れモダン砂糖
     W13xD6xH14


モダンセット2
  
クリーマーのサイズはW14.5xD10xH7.5センチ



裏印がないので出所不明だが、それは気にしない。

この滑らかな絵の具の乗りが何ともいえないいい感じ!

絵付けで色付けしたのではなく、釉薬に浸すように色を付けたのか????

お詳しい方、ご存知でしたら教えてくださいね。

                 (予約投稿)





シュガー&クリーマー -5-


  プライベートなお知らせになりますが、6/14-6/24まで留守にします。

  この間の記事を予約投稿してまいります。

  記事内容はコレクションから シュガー&クリーマーセット の特集です。

  興味と関心のない方はごめんなさいね。






英国の Shelley 、スージークーパーと並んで日本女性のお好みだとか。

形は面白いが、絵付けはトランスファー(転写紙で写し絵する技法)で

魅力に欠ける。

陶器で、焼き締めの甘さもあり、磁器の美しさには及ばない。

1945年製造を中止。


シェリー


縁にスレが見られる。

これより二回り小さくて、縁が薄いブルー、お揃いのお盆がついていたものを

持っていたが、手放した。

写真を撮っておくべきだったと後悔している。


シェリー2

砂糖入れの直径は9センチ弱。

シェリー裏

1925-1940年の間の製品。



わたしのコレクションに加えるには可愛らしすぎるかしら……。

                       (予約投稿)






シュガー&クリーマー -4-


  プライベートなお知らせになりますが、6/14-6/24まで留守にします。

  この間の記事を予約投稿してまいります。

  記事内容はコレクションから シュガー&クリーマーセット の特集です。

  興味と関心のない方はごめんなさいね。






日本から西洋に向けて食器をどんどん輸出していた時代があった。

日本人が紅茶やコーヒーを飲む習慣が生まれるまでは洋食器の販路は

外国だった。

日本色を打ち出し、丁寧な絵付けで西洋の人たちの眼を見張らせたようだ。

ワシントンD.C.の郊外から連れて帰りました。


日本のセット


砂糖入れ
     W12xD10xH9センチ   砂糖入れ

砂糖入れ2


クリーマー
     
クリーマー

クリーマー柄


クリーマー柄2


クリーマー上から



裏印は漢字で 神山 とある。

一見、薩摩焼のようだが貫乳がほとんどないので違うのではないか。

九谷かもしれない。

絵付けを経験した自分から見ると、紙に描いても難しい絵なのに、、、、と、

ほとほと感心し、感嘆するのみである。

             (予約投稿)


シュガー&クリーマー -3-


  プライベートなお知らせになりますが、6/14-6/24まで留守にします。

  この間の記事を予約投稿してまいります。

  記事内容はコレクションから シュガー&クリーマーセット の特集です。

  興味と関心のない方はごめんなさいね。






アメリカの磁器食器の歴史の中で有名なものはハビランド社。

それも製品工場はフランスのリモージュにあり、アメリカ本土へ輸出していた。

そんななか、1910年出現した会社が LENOX 。

象牙色に憧れていた西洋の人たちはレノックスのクリーム色に魅せられた。



レノックス


珍しく小振りで、豊富な金使い。


レノックス砂糖
     W12xD7xH6センチ


レノックスミルク


残念ながら周りの縁の金彩が薄れてしまっている。

絵付けはデザイナーの L.Mueller による手描き。

モダンな柄なのに優しさも漂う。

裏印から1906-1924の間に作られたものである。


レノックス裏


裏印のレノックスのマークの下に Belleek とある謂れは、

レノックスの創業者である ウォルター・スコット・レノックス氏はベリーク社の

アメリカ生産を請け負うメーカーに勤めていた。

独立したあともベリークの流れを汲み、アイボリーの磁器を作った、からである。




ベリークの真珠のような輝きと艶をもったクリーム色は当時の人の憧れだった。

現在でもその光沢は色あせていない、、、、、。

       

                               (予約投稿)

シュガー&クリーマー -2-

   

  プライベートなお知らせになりますが、6/14-6/24まで留守にします。

  この間の記事を予約投稿してまいります。

  記事内容はコレクションから シュガー&クリーマーセット の特集です。

  興味と関心のない方はごめんなさいね。






英国コープランド


英国のコープランド社のセット。

アンティークは一度会っても、二度と出会えないのが相場なのに、このセットは

京都の八坂神社の近くのアンティークショップで同じものを見た。

「まあ、あなた。うちに姉妹がいるわよ」とわたし。



コープランド2


ハンドルからハンドルまでの幅が13センチ、高さが12.5センチ。

全体の位置決めとしてトランスファーを使い、お花を上からリタッチで手描き。

可愛らしい印象で、形が珍しい。

このセットのカップやポットはどんなデザインだったのだろう……。


コープランド3


コープランド裏


製造年がマークブックより判明している。

地肌が真っ白で現代のものと言われても通るかもしれない。

コッツウォルズの近くで求めたもの。
 
                   (予約投稿)






プロフィール

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR