てるみくらぶ ーその2ー






てるみくらぶ2




この会見を見て驚いた人も多いだろう。

報道によると彼女は年収 3,300万円得ていたそうだ

2年前から経営が悪化していたのに・・・・取る? もらう??




スキーバスの転落事故しかりで、安いのには理由があるのだ。

広告をしない、本社家屋もない、このあたりで安くできたのか。

そう好意的に思っていた。




かつてのHISのように、伸びる時期もあるのだろう。

これからの会社なのかもしれない。

応援しよう、、、、、、なんて。




ウチの場合、ATMで記帳したが 無事だった。

カード会社も念のため引き落としを一か月スライドしてくれた。

わたしに実害はなかったものの、、、、

計画的な破産!




まだ旅の途中の方、金銭的被害を受けた方、、、

生活に直結していないにしろ腹立たしい事件である。











スポンサーサイト

てるみくらぶ





てるみくらぶ




話題の旅行会社。

詐欺ってだまされる人もなんかなぁ・・・・ってこともある。

今までは他人事の話だった。

それが今回の件はわたしも被害者の一人。




大手旅行会社で予約して書類も整えていた。

5月末のツアーなので予約金もまだ払っていなかった。

そこに娘たちからのアドバイス。

てるみくらぶのほうが安いと。




エミレーツ航空、ホテルは四つ星クラス、なのに安い!

今まで利用したことがある娘が何も不具合はなかったと。

それ急げ!で、すぐ電話!!

その場で全額をカード払いした。




よかったね~~楽しみね~~~!




それが今度の事件。

引き落としが4月4日で、まだ相手が下してなかったのは幸い。

銀行とカード会社とカードを作ったデパートに相談。

結果 うまくいった。(と想われる)




結局半日を費やした。

念のため4日の日に口座をチェックするようにと。




デパートにいたカード会社の女性。

テキパキとしてにこやかで信頼できた。

彼女の仕事ぶりがなかったら大変なことに。

詳細は省いたがとても、とっても煩雑な手続きだった。




銀行で応対してくれたお偉いさんはXXXXXXX









宅配便について







宅配





便利ですよ~~~現在は。

以前は郵便小包、運送会社、チッキ・・・・を利用。

それでも、その昔は今と比べれば不便であっても、

輸送手段には感謝していた。




テレビで放送していたヤマトの創業時の苦労話。

郵便でも届くのに何で?と言われる中、頑張ったのだ。




依頼者は送りたいものを中継地点まで運んだ。

それが今では電話一つで家まで取りに来てくれる。




再配達、時間指定、翌日配送、、、、、、

サービスを受ける側はどんどん甘やかされた。

少なくともわたしは従来通りのサービスで十分だった。




顧客獲得のために工夫を重ね、やがて自らの首を絞めた

同業他社との競争で過剰なまでのサービスが生まれた。




再配達について、

送られてくることを想定していない者にとって

不在を責められるのは酷である。

例え自分で配送を依頼していても一日中在宅とは限らない。

家内某所にいることもあれば、犬の散歩にも行く。




事前に電話でもほしい。

需要が多いと地域内をぐるぐると周るので再配達もまだいいが、

辺鄙なところでは申し訳ない。




このサービスは便利で恩恵に浴しているのは事実だから。

労働環境の見直しは結構ですよ~
















幼稚園の新設に思う







幼稚園2

イメージとして ネットより画像を拝借





小さい子の子育てはとっくの昔に終わった。

でも、そこを通ったわたしとしては幼稚園に関心が。




幼稚園を造ると聞いた地域住民が反対をする。

声がうるさいからと・・・・・

加えて園児の送迎ママたちの たむろ もうるさいと。




テレビで紹介されていた幼稚園を見て感心。

園児たちは無駄に大声を上げないのだ。

元気よく~と、やたらがなり立てるのは違う。




二人で向き合って話しているときに大声はいらない。

教室で先生が話すときはそれなりの大きさで。

会議中は話が通じる大きさで喋るべき。

声の調節のできない人がたまにいる。




実際 静かな幼稚園というものが存在するのだ。

関係者はぜひ、そこらあたりから勉強を。




次に驚いたのは、

幼稚園そのものがなく、毎日公園を利用していると。

詳しい仕組みは知らないが、いいんじゃない?




そしてまたまた新たに知った。

駅に保育施設があり、まず通勤前後の親から子供を預かる。

そこからバスを出して、いくつかの幼稚園に子供たちを送迎。

親は駅までの送迎で済むし、帰宅時間の調節もできそう。





窮すれば通ずで、まだまだ良い案が出てくるのでは?

だめ、だめ、だめはやめましょうね。











民泊、する? しない?








民泊




マンション、アパート、戸建てなど、空いている空間を有効に。

これらを活用すれば一石二鳥では?

訪日客が増え、オリンピックへ向けても欠かせない受け皿。




でもね、

お役に立つのならどうぞと性善説だけでは済まされない。

ゴミ、騒音、犯罪・・・・




長い間 地元の大学の留学生の訪問を受け入れ、市との

連携でおもてなしの接待もしてきた。

今まで何の問題もなく、感謝されてきた。

これが見知らぬ観光客だと話は違う。




夫が逝き、母がホームに入った今、二階が空いている。

災害被災地の学生を受け入れる、入試時だけお泊めする。

下宿屋って方法もある。

ホテルがなかなか取れない現状だし。

などと、いろいろ手を差し伸べたい気持ちはあるが・・・・





でも、でも、、、、

責任ということを考えると躊躇してしまう。

やはり怖さが先に立ち、前へ進めない

空き部屋を抱えている家はたくさんあるはずだ。

何とかならないものか。
















マラソン大会







マラソン




「高校長距離大会で女子生徒が死亡」の記事が。

AEDをもっと早く使っていれば・・・と父親。

大会の一か月前に生徒は持久走で倒れていた。

遺族側は訴訟を起こしている。




走れないのを頑張っていないと決めつける時代があった。

中学生のとき、全校生徒が参加するマラソン大会があった。

走り始めると左腹がキリキリと痛み、ねじれるかと思うくらい。

どうしても遅くなり、歩いたり走ったり・・・・




もちろん結果はビりか、ブービーメーカー。

3年間は恥ずかしくて消えてしまいたかった大会。

全ての者が戻らないと会は終えられないのだ。

みなのひんしゅくを買っているようで肩身は狭く、

怠け者(根性なし)と思われているようで・・・・・




ところが、、、、

高校生になると、授業でマラソンをしても何ともなかった。

成績もクラスで5番くらいでゴール。

全校生が走ったときも、もちろん上位ではなかったが、まあまあ。

ゴール地点で カンロ飴 をもらう、その美味しかったこと。




学校の行事はすべて、個人のペースを重要視しない。

昨今 話題の運動会の組体操も度を越えてはいないだろうか。

走るとわき腹が痛くなると訴えても言い逃れにしかとられない。

解ってもらえない辛さって、、、ホント、辛いのですよ。











トランプ氏に決まり!






トランプ




トランプという名詞を目と耳にしなかった日はなかった最近。

トランプ氏が大統領に立候補したときは驚いた。

でも 何か意図があってのことと思っていた。




トランプ・・・コントラクトブリッジをする者には身近な単語。

トランプ(切り札)ゲームかノートランプかが問題である。

ジョーカーを使わないブリッジはトランプが強い。




トランプとは切り札の意味のほかに、「頼もしい人」もある。

選挙に勝って驚いたのは本人かもしれない。

もっと驚いたのはクリントン氏ではなかったか。




わたしは副大統領になるペンス氏に好感を持つ。

もし彼が素晴らしい人物ならば、トランプ氏も素晴らしいのだ。




移民を受け入れることで成り立ってきた国だとしても、

いつまでも無制限に手を広げていられるわけがない。

トランプ氏の出現が、秩序と安定を求めてこれからの国づくりへ

一石を投じることになればいいが。




もう決定したのだからトランプ氏に期待しよう!















金メダルを噛むのは







荒川選手





荒川選手が金メダルを取ったときの写真。

メダルを噛むのではなくキスをしている。

報道陣から噛むように言われても断ったそう。




山中伸弥教授もお断りに。




今回もJOCから、嚙まないようにとのお達しがあったそうだ。

噛むのは品がないという人もいるが・・・・

意味も解らず、ただ人真似で噛むのはちょっと、ね。




わたしの意見で恐縮だが思うところを。

1848年、カリフォルニアで金が発見された。

翌年、49年に10万人にのぼる人たちが採掘に押し寄せた。

彼らを forty-niners という。




金を採掘した人たちは本物かどうか噛んで確かめたそうだ

この逸話から金を噛んで見せる行為が始まったのだと思う。

だとしたら、

オリンピックでもらった金メダルを噛むのは、、、

開催国に対して失礼ではないか。




因みに金を採掘した人たちに成功者は少なく、

彼らの衣食を供給した商人たちのほうが大成功!

労働着として重宝されたジーンズがリーバイスである。




ところで、メダルの金は純金なのかしら?

やっぱり噛んでみる?









 

勝負に勝ったあと






リオメダル





柔道の大野将平選手のことが夕刊の記事にあった。

一本勝ちで勝負を決め、金メダルが決まった後、

深々と礼をし、畳を下りてから初めて 笑顔




相撲も勝負がついてからガッツポーズはしない。

これぞ国技という感あり。

作法の一つなのかもしれない。




でも、、、、他のスポーツは別。

テニス、卓球などの球技は瞬間的に達成感が体に出るのだ。

相手に自慢しているのではない。

自分に打ち勝った喜びが抑えられずにほとばしる。

観ているほうも素直に共感できる。

負けたほうも失礼だとは思わない。




ブリッジというゲームも競技会では作法がある。

当然勝つゲームは冷静でいられるが、、、、、。

運よく札の分かれが良かったり、相手のミスで勝てても・・・・

平静を保ち、顔色を変えてはいけない。




すべて競い合い、勝負をかけたときは事と次第では、、、、。

考えないとなりませんね。








英国の選挙結果に思う







オキザリス新2


また深紅を出すべく挑戦!

でも これでも本当の色は出せない。

経験からブルーも紫も難しい。








英国の選挙が終わった。

円高は困るので興味は沸々だった。




離脱派の言い分はなんとなく解る。

その昔 米国に移住していった日本人の苦労。

勤勉さで成功すればねたまれる。

前の戦争では激戦地にやられ、

残った人たちも財産は没収され、強制収容所に入れられた。




庇を貸して母屋を取られる のは嫌なのだ。

出る杭は打たれる




ユダヤ人も勤勉で多方面で成功した。

今日のアメリカの経済界を牛耳っているのはご存知の通り。

ニューヨークの近郊にある町は、かつてJJ村と呼ばれた。

つまり Jewish と Japanese が多く住む町だと。




博愛主義でみんなで仲良く手をつなぎあう・・・・。

やがて来る貧困も治安の悪さも受け入れる覚悟が必要。

これは理想であって難しい問題である。













プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR