つむじ風、竜巻








つむじ風




これはつむじ風。

極々 小さいのは冬など、町や庭でも見かける。

最近は校庭などでよく発生している。

長くても1分くらいで消えるそう。




竜巻
こちらは恐怖の竜巻!

こんなに大きいのは写真で見るだけでも怖い!

竜巻は関東で多いらしい。





日本で竜巻という単語がまだ耳になじんでいなかった頃、

テキサスはヒューストン、引っ越して間がないころに発生。

お隣のマダムが心配してアドバイスを。

窓を全部開け、家の中のトイレかクローゼットに居るようにと。





窓を開けて風を通過させるといいそうだ。

あのあたりの家は屋根がそぎ板だった。

竜巻であおられても、屋根がパラパラと飛んでいき、

家は持ち上げられないのだ。





裕福なところは杉の厚い板を使う

四角い板を組み合わせる、そう魚のうろこ状に。

接着剤や釘は使わない。

それを見た父が言った、「昔は貧乏人の家に使っていたが」。





ガソリンスタンドが飛んだ、牛が飛んだ、家が、車が・・・・・

自然の驚異の前では人間は縮こまって籠るしかない。





映画「オズの魔法使い」を思い出した。










スポンサーサイト

ニュースに思う







バラが半分開いた
夏の薔薇は蕾のうちに摘んでしまう、秋のため





先日 郵便局へ不動産屋と司法書士と連れ立って振り込みに。

局員に「お知り合いですか、大丈夫ですか」と聞かれた。

まだまだオレオレ詐欺が後を絶たない。

半年で35億円もの被害額。




だまされた人たちは老後は大丈夫?

もしかして、生活保護に頼ることに?

手元不如意だと満足な介護は受けられない。




朝鮮学校の高校の授業料を無料に。

何故・・・・・・

日本在住の朝鮮人が日本の高校に通うならいい。

朝鮮独自の授業を行いながら日本の税金を使うの?




世界中の日本人学校は私立校として有料ですよ。

日本人が現地校に行くときは只。

駐在員は税金を払っています。




二重国籍だった代議士。

成人したらどちらかの国を選ぶのではなかった?

たとえ選ばないでよかったとしても、国政に携わる人。

国家機密が漏れることはないのか。

意図的だったとは思いたくないが、あまりにも不用心。




テレビに向かってブツブツ文句を言っているわたしです。












郵便物の表に







砂漠の宝石
沙漠の宝石(頂いたお花の苗の横にくっついてきたもの)





いつも腹立たしく思うこと。

個人の手紙ではない封書が届く。




封筒




例えば銀行、役所、NTT、ダイレクトメールなど、、、、

そう、窓が透明のフィルムになっている封筒。

その窓の中に小さな字で郵便番号や住所を印刷。




なに、なに、なによ!

わたしたちには四角い枠の中に郵便番号を書かせて

住所だって大きく、はっきりと書く。




加えて、資源ごみに分けるとき、フィルムはハサミで

切り取らなければならない。

中には燃えるタイプの紙のもある。

これは、わたしたちはぶんぶん紙といっていた。




郵便番号は機械で読み取るのだと聞いた。

では、この公用の小さな窓の表書きはなに?

きちんと教えてください!
















英語教育について







英語





小学生から英語の授業を始めるという・・・・・

週何回か授業を受けたとて何になる?

ネイティブの人に接するのはある意味で効果はあるかも。




俗に耳がいい人、物真似の上手い人は発音がうまくなる。

それでも文法を知らないと会話にならない。

学校で英語教育を長く受け、耳も親譲りで発音はきれいだった。

なのに、、、、英会話はうまくいかなかった。

アメリカに13年住んでも、である。




英語が喋れますとは、日常生活に困らない程度と、

自分の年齢に相当する日本語と同レベルで喋れるかがある。

加えて女性であれば女らしい表現で話せるか。




美しい日本語が話せないうちに英語ではない。

日本人としての知識を学ぶのが先である。




英語に関して わたしが驚いた人は小林克也氏。

英語の発音に関しては日本人DJの中でもトップクラスであるが、

帰国子女でもなく留学経験もなければ、ハーフでもない純粋な日本人である。

声も素晴らしい。




彼の片りんを紹介すると、

小学校3年生の頃、ラジオで岩国基地からの極東放送(FEN)を

聴いたことから英語に興味を持ち始め、小学校6年の終わりごろ

から親戚の知り合いに英語を習い出し、英語の発音を徹底的に

教えられる。


中学時代はボイス・オブ・アメリカやオーストラリア放送などを

短波で熱心に聴取。

1955年、ロックンロール元年を迎え、短波で聴いた。

エルヴィス・プレスリーをはじめとするロックに夢中になる。




先ず英語が好き、その上での努力が大事なのだ。

実用英会話はAIの変換に任せることもできる。




英語の語彙が豊富なある会社の社長がとつとつと英語で喋り、

発音やイントネーションはともかく、取引先をうならせたという。

たとえネイティブのように発音ができても内容がお粗末では・・・・・










ふるさと納税




「ふるさと納税」という制度ができて関心を。

寄付をすることで使用目的がはっきりし、税金の

還付があるなら魅力的!




定義を調べると、

ふるさと納税とは地方自治体への寄付金制度のこと。

お米やお肉などの特産物がお礼品として用意されている地域も。

寄付した金額はその年の所得税より還付、翌年度の

個人住民税より控除される。

寄付したお金を自治体にどんな風に使ってもらうか、

指定できる画期的な制度なのです!





米国では文化や福祉団体に寄付をし、日本で言うところの

返礼として、優待券や行事に参加できる。

コンサート、美術館、○○会館などでは楽しい余禄があった。




ふるさと納税1




豪華な返礼品で認知度は高まったが、問題も。

地元の特産物がないところは家電品を・・・・?

高額過ぎる返礼品は如何なものか。




ふるさと納税は寄付である。

寄付金は住民税から控除される。

これだけで恩恵に浴するのだから返礼には期待しなくても・・・

でもお礼をしたいのであれば、あるいは返礼品で寄付を

募ろうとするのであれば、受領証拠として気持ちばかりで・・・・




被災地に寄付をするとき、だれも返礼など期待していない。











てるみくらぶ ーその2ー






てるみくらぶ2




この会見を見て驚いた人も多いだろう。

報道によると彼女は年収 3,300万円得ていたそうだ

2年前から経営が悪化していたのに・・・・取る? もらう??




スキーバスの転落事故しかりで、安いのには理由があるのだ。

広告をしない、本社家屋もない、このあたりで安くできたのか。

そう好意的に思っていた。




かつてのHISのように、伸びる時期もあるのだろう。

これからの会社なのかもしれない。

応援しよう、、、、、、なんて。




ウチの場合、ATMで記帳したが 無事だった。

カード会社も念のため引き落としを一か月スライドしてくれた。

わたしに実害はなかったものの、、、、

計画的な破産!




まだ旅の途中の方、金銭的被害を受けた方、、、

生活に直結していないにしろ腹立たしい事件である。











てるみくらぶ





てるみくらぶ




話題の旅行会社。

詐欺ってだまされる人もなんかなぁ・・・・ってこともある。

今までは他人事の話だった。

それが今回の件はわたしも被害者の一人。




大手旅行会社で予約して書類も整えていた。

5月末のツアーなので予約金もまだ払っていなかった。

そこに娘たちからのアドバイス。

てるみくらぶのほうが安いと。




エミレーツ航空、ホテルは四つ星クラス、なのに安い!

今まで利用したことがある娘が何も不具合はなかったと。

それ急げ!で、すぐ電話!!

その場で全額をカード払いした。




よかったね~~楽しみね~~~!




それが今度の事件。

引き落としが4月4日で、まだ相手が下してなかったのは幸い。

銀行とカード会社とカードを作ったデパートに相談。

結果 うまくいった。(と想われる)




結局半日を費やした。

念のため4日の日に口座をチェックするようにと。




デパートにいたカード会社の女性。

テキパキとしてにこやかで信頼できた。

彼女の仕事ぶりがなかったら大変なことに。

詳細は省いたがとても、とっても煩雑な手続きだった。




銀行で応対してくれたお偉いさんはXXXXXXX









宅配便について







宅配





便利ですよ~~~現在は。

以前は郵便小包、運送会社、チッキ・・・・を利用。

それでも、その昔は今と比べれば不便であっても、

輸送手段には感謝していた。




テレビで放送していたヤマトの創業時の苦労話。

郵便でも届くのに何で?と言われる中、頑張ったのだ。




依頼者は送りたいものを中継地点まで運んだ。

それが今では電話一つで家まで取りに来てくれる。




再配達、時間指定、翌日配送、、、、、、

サービスを受ける側はどんどん甘やかされた。

少なくともわたしは従来通りのサービスで十分だった。




顧客獲得のために工夫を重ね、やがて自らの首を絞めた

同業他社との競争で過剰なまでのサービスが生まれた。




再配達について、

送られてくることを想定していない者にとって

不在を責められるのは酷である。

例え自分で配送を依頼していても一日中在宅とは限らない。

家内某所にいることもあれば、犬の散歩にも行く。




事前に電話でもほしい。

需要が多いと地域内をぐるぐると周るので再配達もまだいいが、

辺鄙なところでは申し訳ない。




このサービスは便利で恩恵に浴しているのは事実だから。

労働環境の見直しは結構ですよ~
















幼稚園の新設に思う







幼稚園2

イメージとして ネットより画像を拝借





小さい子の子育てはとっくの昔に終わった。

でも、そこを通ったわたしとしては幼稚園に関心が。




幼稚園を造ると聞いた地域住民が反対をする。

声がうるさいからと・・・・・

加えて園児の送迎ママたちの たむろ もうるさいと。




テレビで紹介されていた幼稚園を見て感心。

園児たちは無駄に大声を上げないのだ。

元気よく~と、やたらがなり立てるのは違う。




二人で向き合って話しているときに大声はいらない。

教室で先生が話すときはそれなりの大きさで。

会議中は話が通じる大きさで喋るべき。

声の調節のできない人がたまにいる。




実際 静かな幼稚園というものが存在するのだ。

関係者はぜひ、そこらあたりから勉強を。




次に驚いたのは、

幼稚園そのものがなく、毎日公園を利用していると。

詳しい仕組みは知らないが、いいんじゃない?




そしてまたまた新たに知った。

駅に保育施設があり、まず通勤前後の親から子供を預かる。

そこからバスを出して、いくつかの幼稚園に子供たちを送迎。

親は駅までの送迎で済むし、帰宅時間の調節もできそう。





窮すれば通ずで、まだまだ良い案が出てくるのでは?

だめ、だめ、だめはやめましょうね。











民泊、する? しない?








民泊




マンション、アパート、戸建てなど、空いている空間を有効に。

これらを活用すれば一石二鳥では?

訪日客が増え、オリンピックへ向けても欠かせない受け皿。




でもね、

お役に立つのならどうぞと性善説だけでは済まされない。

ゴミ、騒音、犯罪・・・・




長い間 地元の大学の留学生の訪問を受け入れ、市との

連携でおもてなしの接待もしてきた。

今まで何の問題もなく、感謝されてきた。

これが見知らぬ観光客だと話は違う。




夫が逝き、母がホームに入った今、二階が空いている。

災害被災地の学生を受け入れる、入試時だけお泊めする。

下宿屋って方法もある。

ホテルがなかなか取れない現状だし。

などと、いろいろ手を差し伸べたい気持ちはあるが・・・・





でも、でも、、、、

責任ということを考えると躊躇してしまう。

やはり怖さが先に立ち、前へ進めない

空き部屋を抱えている家はたくさんあるはずだ。

何とかならないものか。
















プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR