防犯のための鍵

防犯のための鍵
      トイレのドア


トイレや洗面所などプライバシーを守るために鍵を掛けるが、内側からばかり
でなく廊下側からも掛けると安心。
しかも原始的なタイプのものを使うとよい。

ドア枠に穴を開け、手で写真下部の丸いつまみを右に押し込むだけ。

この鍵を寝室にも内側から着けている。

雨戸の最後の戸の下部と、それに合わせて敷居に穴を2箇所ほど穿ち、
8センチの長さの釘をそれぞれに落とし込んでいる。
外から雨戸を開けようとすると、多少の遊びがあるためガタガタと音を
立てるが、開かない。
音がするだけでも防犯になるのでは。

泥棒は針金一本で鍵を開けると聞くが、このタイプならお手上げだろう。

どちらも工具のドリルが必要であるが、簡単なので実践のほどを。



スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR