カーテン バランスに一工夫を

カーテン



縦長の小窓にバルーンのようなカーテンバランスを。

ローラ アシュレイ のお店で見つけたもの。

専用のコの字型のカーテンレールがこの幅だったので、ちょっと広めになって

しまったのが残念。

内側にはプレーンなロールスクリーンを。



カーテンの裾は、普通は単に裾上げをしたフラットなものが多い。

このバランスの膨らんだ裾は布が輪になっている。

この中にティシューといわれる、洋服を買ったときなどにぐるりと包んでくれる

張りのある紙、を入れてもっと膨らませることもある。

長さのあるカーテンだと入れないと、裾のボリュームがしぼんでしまうので。



子供の頃の「よそ行き」という洋服はパフスリーブという提灯袖だった。

袖が膨らみ、思いっきり広がったスカートと後ろに大きなリボン結び。

この装いが女の子の夢だった。



カーテン2



このバランスもボリュームを持たせたことで、存在感あるインテリアグッズに。

すでに取り付けていたロールスクリーンを隠すために天井に近く取り付けたが、

もう少し下につけたほうが美しかった、、、、と手間を惜しんだことを後悔。



日曜大工で薄めの板をコの字型に組み合わせ、布を通せば簡単にできる。

ちょっと個性的なバランスに挑戦してみましょう。









スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR