お母さま方、日本の歌を子供たちに、、、

由紀さおり
      オフィシャル ホームページより画像拝借



NHKの「ラジオ深夜便」という番組。

午前4時のニュースの後「明日へのことば」というのがある。

由紀さおりがゲストで「美しい日本語の歌を伝えたい」と講演をしたものを放送。




子供の頃、安田姉妹として雑誌でも見ていたし、由紀さおりは歌手としても、「お江戸で

ござる」でタレントとしてもお馴染みの人だった。

ところがLAにいたとき、童謡のコンサートを観にいっていわゆる生で見られた。

姉の安田祥子はお上品で、妹の由紀さおりは可愛いお色気の持ち主。

外国で、思いがけず日本の唱歌や抒情歌を聴き、涙が止まらなかった。

子供のときに理解していなかった歌詞も分かる歳になり、歌につれて思い出が

よみがえる。

翌年も、その次の年も出かけた、上質なコンサートだった。





日本に帰国し、とあるご縁で夕食をご一緒する機会があった。

上の写真のごとく派手さもなく、自然と私たちの中に溶け込んでのお喋り。

席は前に由紀さおりさん、右に安田祥子さん、、、、、。

さっぱりとした普段着でいらしてた。





本題に戻って、

由紀さおりが講演で訴えたのは、日本の美しい言葉を歌を通して伝えてゆきたいと。

西洋の歌はリズム、日本の歌はメロディー。

単語の発音どおりにメロディーがつけられるのだという。

鼻濁音を大事に使いましょうとも。




中学校に行って、唱歌の美しさを伝えるのはもちろん、保育園や幼稚園でママに童謡や

唱歌を歌う大切さを力説。




母親が何気なく口ずさむのが、一番の伝達方法ですよ。






スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR