コガネムシは悪者だ!



夏になる前に苗を育てて大きなコンテナに移した。

こんもりとして、秋までの豪華な姿を想像し にんまり。




ところがある日、花は見事に咲いているのに手入れをしていると根元がぐらぐら。

????

引っ張るとすぽっと抜けた。




大きな鉢の土を掻き混ぜていたら、白い幼虫が、、、、、。


コガネムシ


あら?

なおも探すと、出るは出るは……。

側溝の上で作業をしていると、なんとこの虫の動きの素早いこと!

見る間に移動してしまう。




100匹以上はいた。

なんだか、テレビで観たことのある、ある国で食べていた虫にそっくり。

でも昆虫の幼虫はみんなよく似ているものだ。




これ コガネムシ 。

1匹いたら その数倍は潜んでいると思って探すこと。




       野口雨情の童謡、

            コガネムシは金持ちだ

            金蔵建てた、蔵建てた

            飴やで水飴買ってきた



このコガネムシは雨情の故郷では アブラムシ のことをそう呼ぶらしい。

ゴキブリの卵は袋のようなものに入っている。

その形ががま口にそっくりなため、ゴキブリがあっちこっちに

がま口を産み落としてゆく様をみて金持ちだと作詩したようだ。




コガネムシが多い鉢は、有機物たっぷりの美味しい土壌だという証拠らしい。

なーんて慰めてもらうより、いないほうがいいに決まっています!

わたし、、、、、3度もコガネムシに大切はベゴニアを乗っ取られました。




コガネムシ 2


いろんな種類がいるが、この美しいものを。







スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR