富士花鳥園にて -3-



巨大な温室、初冬でもあり むせ返るほどのこともなく快適な温度だった。

お花の多さと数に圧倒されっぱなし!!!

印象的だったのは 球根ベゴニア の一輪仕立て。

花の直径は20センチはあるだろうか、、、、。

時には30センチを越すほどの大輪八重も咲くとか。

摘蕾をし栄養を与え、20余年の歳月をかけて育ててきたそうだ。




説明はとてもわたしにはできませんが、ごゆっくりとご覧遊ばせ。


上から


花鳥園


下がる花たち


蕾


咲いた


ベゴニア


花と池


白い花


「百聞は一見にしかず」、お花好きな方は是非、是非訪れてみてください。

一般家庭で育てるときは、夏を涼しく過ごさせるのがポイントだそうです。




綺麗なお花の写真で今年のブログを締めくくります。

みなさま、新しい年を迎えらますことに ありがとう を言いましょう。

生きていることに感謝できる新年でありますように。








スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR