戦争とマフラー




マフラーを巻いていると「ああ幸せ!」って思いませんか?




それより小さい布でバンダナというものがある。

バンダナ と聞くと頭に巻くものを想像するが、広辞苑では
  
   「絞り染め」の意のヒンディー語から

   赤や青などの地色に、草花や勾玉のような白い模様を染め抜いたスカーフ

   またはハンカチーフ。

   現在は原色を多用したプリント柄が多い。


とあり、大きさは普通50センチ角で、それ以上のものもある。




アメリカ映画でカウボーイや騎兵隊の隊員たちが 首に巻いているのは

ご存知のとおり。

この布は優れもので、実用品であり、必需品でもあった。

タオルの代わり、止血用、包帯、砂塵が舞い上がるときにはマスクにも。


カウボーイ



日本では「特攻隊」員たちが白いマフラーを同様の品として使用していた。

特攻隊とは〔「特別攻撃隊」の略〕第二次大戦中、爆弾を積んだ飛行機などで

敵艦に体当たり攻撃を行うために編成した部隊につけた名。

「神風特攻隊」などと呼ばれた。




夫の叔父がこの隊員だった。

霞ヶ浦で待機し、飛ぶ直前に終戦となった。

後の話によると、上官が戦争が終わると知っていて、理由をつけて飛行を

延ばしていたのだと。




最後の面会に行った義母は「弟が太っていたので驚いた」と言った。

これまでということで、腹いっぱい食べさせてもらったのだそうだ。




終戦時は上官によって対処が異なり、人の運命が左右された。

母方の叔父の話では、フィリピンで終戦となり、帰国できたが、他の部隊で

上官が頑なに帰国を拒否して全滅したという。




また義父方の叔父は終戦後シンガポールに残され、通訳として働いた。

わたしの父は中国で終戦を迎え、1年後に上海に集結して引き揚げてきた。




身近にこんなに多くの人たちが直接戦争に関わっていたのだ。

平穏無事な毎日があるならば、もうそれだけで充分!

朝のドラマ「カーネーション」を観ながら、時節柄マフラーと結び付けての一言でした。







スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR