江戸時代に表札?


映画やテレビの時代劇で奉行所の門に「南町奉行所」などと

大きな字で書いた表札を見かける。

この間違いについて。




門札など江戸時代には掛けてはいなかった。

個人宅でも屋敷名を書いた表札は皆無。

近くの住人や出入りの者は 何町のお屋敷は何様 と知っていたからである。

各屋敷の角には 辻番所 があり、番人に聞いて確かめることもできた。



武家屋敷にない、ましてや庶民には表札は無縁のものだった。

商家は屋号の看板を掲げ、暖簾に染め抜き、提灯などぶら下げた。




裏長屋に住む人たちは路地木戸の上に職業と名前を書いた小札を掛けていた。

また住まいの外障子には職業の印や名前を書いていたので迷うことは無かった。


表札2


このように看板が、あるいは門札が掛けてあるのは視聴者へのサービスかもしれない。

しかし時代考証としては間違いである。


表札


赤穂浪士たちの討ち入りは念入りに下調べも付いていたし、表札など

なくても吉良の屋敷はわかっていた。

この表札の代わりにテレビではせめてテロップでも流してほしい。




現在は各戸に表札があり、掲げていないと怪しまれる。

訪ねてくる人のため、宅配の人のため、郵便配達の人のためにも、ね。




  余談:新築の家をテレビの番組で公開していた。

      その家のご自慢の一つに郵便受けを台所から受け取れるように

      工夫がなされていた。

      でも、新聞配達、郵便配達の人は道路にバイクを止めてずうっと

      車庫脇を抜けて歩いてこなければならないのである。

         ・・・・・・・・・?????



      
      
      
スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR