那須塩原 「妙雲寺」






那須塩原を久し振りに訪ねた。

折しも「ボタン祭り」が開催されていたので行ってみた。

5月31日までで、もう終わりに近く、花はほとんどが散る寸前。




車で連れて行ってもらうため、地図上ではどこかも分からぬまま 妙雲寺 へ。


妙雲寺


妙雲寺創立は寿永3年(1184)平貞能の手により草庵を結び、

正和元年(1312)妙雲寺と改め甘露山の号を付し寺院を建立した。

その後文禄2年(1593)落雷のため焼失。

元文5年(1740)、大鏡禅宜和尚の時に再建された。




建物は寄せ棟造、間口7間(約12.6メートル)、奥行5間(約9メートル)の大本堂。

廻縁には高欄が付けられ、屋根には銅板葺き(再建当時は萱葺き)。

内陣の間などに繁栄が偲ばれるそうだ。




歩くにほどよく、疲れも感じないままに一巡りできた。

上の方に墓地があり、牡丹が咲き乱れていた。

墓地に牡丹が咲いているのか、牡丹苑に墓地があるのか・・・・



色の種類は多く、同色でも濃淡があり、さすがは百花の王!!

好きな色を載せてみたい。


牡丹


薄い桃色は少女の頃からの憧れ。

さあ、、、こんな色が絵の具で出せるでしょうか?


牡丹2


ああ、そして花の白の魅惑的なこと!

花弁のしっとり感も、花びらの厚みも・・・・

葉を見なければオールドイングリッシュローズの薔薇と区別がつきそうもない。




牡丹のオリジナル色は紫がかった赤だとか。

来年は盛りの頃に来たいものだと話した。








スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR