4年目に思うこと







式典






あの大地震から4年が経った。

あの2ヶ月前にうちの犬のカールは生まれた。

この犬がほしいと決めていたので、

「サークルの上にお風呂の蓋をしていますから安心してください」と

ブリーダーからはメールが入った。




1年後のその日にはちょうどスーパーに居た。

「ただ今から黙祷を捧げます」の館内アナウンスがあった。




4年目は家にいた。

2:46分、それまで騒音をあげていた道路工事もぴたりと止んだ。




あの日以来1年間はヒステリックにまでブログは炎上した。

何か震災地に協力的なことを書かなければ、、、、と。




2年が過ぎた頃、ブログを通してのご縁で荷物を送る旨を伝えた。

「被災地の人たちは未だ物乞いをしているのかと思われたくない」と彼女は言った。

報道によると倉庫や体育館に寄付の品々が積み上げられているとか。

ピンポイントで送るのが一番と思っていたので早速送った。

「大切に使わせていただきます」と返事があったきり。




こちらから、他にもいろいろと送りたいと連絡をしても、その後は音信不通。

何があったのだろう?

何かが起きたのだろうか・・・




今でもお役に立ちたいと思っている人は大勢居るのに。









スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR