幼稚園の新設に思う







幼稚園2

イメージとして ネットより画像を拝借





小さい子の子育てはとっくの昔に終わった。

でも、そこを通ったわたしとしては幼稚園に関心が。




幼稚園を造ると聞いた地域住民が反対をする。

声がうるさいからと・・・・・

加えて園児の送迎ママたちの たむろ もうるさいと。




テレビで紹介されていた幼稚園を見て感心。

園児たちは無駄に大声を上げないのだ。

元気よく~と、やたらがなり立てるのは違う。




二人で向き合って話しているときに大声はいらない。

教室で先生が話すときはそれなりの大きさで。

会議中は話が通じる大きさで喋るべき。

声の調節のできない人がたまにいる。




実際 静かな幼稚園というものが存在するのだ。

関係者はぜひ、そこらあたりから勉強を。




次に驚いたのは、

幼稚園そのものがなく、毎日公園を利用していると。

詳しい仕組みは知らないが、いいんじゃない?




そしてまたまた新たに知った。

駅に保育施設があり、まず通勤前後の親から子供を預かる。

そこからバスを出して、いくつかの幼稚園に子供たちを送迎。

親は駅までの送迎で済むし、帰宅時間の調節もできそう。





窮すれば通ずで、まだまだ良い案が出てくるのでは?

だめ、だめ、だめはやめましょうね。











スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR