ガラケーからスマホへ






ガラケー




2年間くらい使っていたガラケー。

電話とショートメールのみ使用。

調べ物はパソコンで、大画面で。

何の不自由もなかった。




引っ越しを機に固定電話をやめた。

ベルが鳴らない日のほうが多かった。

勧誘やオレオレ詐欺がかかってくるのだ。

毎月 屋内配線使用料とかなんとか・・・・

で1990円の請求があった。




ガラケー携帯だけが頼りとなると不安。

奇しくも電源がひとりで切れたりするようになった。

何、なに、なに~~~?




一大決心をしてスマホにすることに。

ガラケーを買い替えたときのイライラを思うと・・・・

でも、契約をしました!




新しいものに接するほうが、似たもので戸惑うより

楽だった。

変換もスムーズ。 いい、いい。

ただ電話やメールが着信していることを時間が

経過すると教えてくれない。




ガラケーは蓋に赤や緑でフラッシュして知らせてくれた。

今度は通りすがりにボタンをチョンと押して確認する。

なんかな~、アナログじゃありません?












スポンサーサイト
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR