FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛べなかった蝶






庭のあちこちで蝶のさなぎを見る。

その分、グレープフルーツの葉が食されているのである。

小さな木なので食べないでと、幼虫のときに捕獲。

でも油断し、蛹の状態を何度か・・・・




今回も庭の水栓のところのバケツにしがみついていた。

ここは2度目である。





蛹




3日前 水やりをしようと見ると、羽化寸前。




羽化寸前




羽化



弱々しい感じではあった。




落ちた蝶が



次 行ってみると下に落ちていた。

そっと草の上に移動してやるも力尽きたようだ。

まもなくアリたちが群がり、わずかに羽を残したのみ!!!




羽化して飛び立てる蝶の成功率は知らない。

何か、、、わたしが至らなかったのではと自戒の念。

見たくなかった・・・

ごめんなさいね。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

見たくなかった!
お気持ち理解出来ます^^;

でも・・・
自然界の摂理☆
弱者は生きることは出来ないのですよね・・・

次に生まれる時は
きっと強い羽ばたきで☆と
そっと私も願います♪

今日もお元気願っております☆

優しい・・・

蛹から蝶へ、

じっと見ていてくれる人がいたのですね。
蟻に運ばれるのまでも、

本来なら、グレープフルーツの葉を食べる ” 害虫 ” として、
処分されていたのでしょうに、、見守られるとは、、幸せ。

それに、生き物の幸せは、時間だけのコトでは無いのでは、、と、思うのです。

どう生きて、納得する場面を、どれほど持てたか?
等と考えております。

勿論、華やかな時間をたっぷりと味わって、、「もう良い」から、、と、
でも、、そんな考えなど、昆虫には無いのでしょう。

季節の変わるように、虫も交代して、、冬。
来年の春には、、

また、白秋マダムさんのグレープフルーツの葉、、モリモリ、、



いや、、これは、、こまりますねー。


追伸

なぜか、柑橘系の葉、、食べられる事が多いようです。
我が家の、鉢植えのレモン、、毎年、、モリモリ、食べられて、、
まだ一度も実を付けた事がありません。

オードリーさま

> 見たくなかった!
朝からごめんなさいね。

> でも・・・
> 自然界の摂理☆
> 弱者は生きることは出来ないのですよね・・・
仰る通りです。
庭で独り佇んでいる私をご想像ください。
何とも後味の悪いものでした。
最期に関わるということの避けられなさを思いました。

ウーさま

> 本来なら、グレープフルーツの葉を食べる ” 害虫 ” として、
> 処分されていたのでしょうに、、見守られるとは、、幸せ。
いえいえ、早い段階では情け容赦はしませんよ。
蛹にまでなっていれば害もなく、見守ってやるだけです。

> どう生きて、納得する場面を、どれほど持てたか?
> 等と考えております。
アイアイ サー!

静かに来し方行く末を想う年齢になりましたねぇ。
どう締めくくるかです。
華麗に見事に参りましょう。

No title

弱者は生き残れない自然の摂理。う~ん厳しいですね。

人間は成熟した社会を作り、弱者をかばい、
価値観の異なる人と平和共存できる生き物のはず。
できるのにしないのは、とても残念なことです。
パラリンピックが行われている地球の反対側で、
核兵器を作って喜んでいる人たちがいるなんて、
とても悲しいですよね。

なんてね、
とても偉そうなこと申しましたが、本当はとても臆病なので、
放射性物質がまた飛んで来るんじゃないかとドキドキしています。

今年は柑橘系が豊作ですね!

おはなさま

> 人間は成熟した社会を作り、弱者をかばい、
> 価値観の異なる人と平和共存できる生き物のはず。
人間と昆虫、野生の動物とは違います。
彼らはレミングで調節を図るくらい自然の法則を知っている
のでしょう。

北朝鮮の脅威のほかにも、地震などの天災に脅かされている日々。
人災なら避けられるはずですよね。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。