FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家政士という資格








コリウス4
コリウス


コリウス2





コリウス











介護のニーズが高まる中、サービス向上を図ろうと

家政婦の業界団体が「家政士」という公的資格を創設。

厚生労働省の認定社内検定の合格者に与えられる。




求められる仕事内容は、、、、

家事全般のほか、食事、トイレ、外出の介助、認知症の

人への対応、、、、

まだまだ、介護、離乳食の作り方、子供の病気などの知識。




スーパーウーマンを求める検定試験!!!

試験は年一回、5年以上の実務経験者。

でもね、、、普通の主婦はこれらは そこそここなせます。




資格を取っても、その人がどれだけのプロかということ。

現在夫を取り巻く環境でいろんな職種の方々のお世話に。

感謝し、とても助かっているのは事実。

でもね、、、何点かにはとても満足はできない。

花○はあげられない。




人手不足からくるものもあるかもしれない。

でもね、、、プロでしょう。




資格ってお役人の天下り先を作っていることもあるんですよ~

電気関係の資格もあまりにもたくさんあるようだ。

水道、インテリア、建築など、など・・・・




心の通っている人を送り出してほしい。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当にそうですね。
心の通っている人、それに尽きますね。
内部職員による事件や、やっつけ仕事のお粗末な結果など。
最近のニュースを見るたびにそう思います。

特に、人に関わる職業の人は、仕事に愛情を持てないなら、
無理してやらなくて良いから、他の仕事を探してほしい。
嫌々やられる方の身にもなってほしいですよね。

実は、うちの介護ヘルパーさんは、私が昔、仕事で知り合った人なんです。
完全無欠ではないけれど、彼女の志が高いのを知っているから、
なんでも本音で話せます。ありがたいご縁です。

今は私の周りには良い人だけが残りました。
白秋マダムさんも。

笑い話

「気働きのできる人が、、」って話していたら、、

「意味を教えてください」と、言われて困ったコトがあります。
何の仕事でもプロになるのには、お客の厳しい眼にさらされて、
鍛え上げられるコトが必要なのですが、、

現在は、マニュアルに ” 書いてアルコトをやる ” コトが第一で、
それ以上のコトについては要求しない、、らしいのです。

しかし、人と接する仕事では、、
その不足部分が目立つのですね。

その、足りない部分を補うのが、、気働き、、
でも、説明したら、、マニュアルにしてください、、と、言われました。
まるで、、笑い話です。

No title

白秋マダム様

おはようございます。
「家政士」、私は初耳でした。
私は知識が乏しいので、1つ
知識が増えました。
報道や友人達の話しから、現状は
厳しいと聞いています。
私はマダム様からいただいたコメントの
返事に失礼なことを書き申し訳ありませんでした。
ご主人様の、お世話で行動が制限されていたのですね。

Re: No title

> 完全無欠ではないけれど、彼女の志が高いのを知っているから、
> なんでも本音で話せます。ありがたいご縁です。
そうですね、、、、
一つひとつ何がどうとは言いません。
人柄ですよね、要するに。
おはなさんも頑張っていますね。

ウーさま

ファーストフードのお店で元気よく応対してくれる女性。
でも ちょっと違ったことを尋ねるともたもた・・・・
スッチーもそうでしたよ~
そういう私も主婦として、母親としてプロか?
線引きは相手が、他人がしてくれるのでしょうね。

気働きして頑張りましょう。

ひろこさま

> 「家政士」、私は初耳でした。
できたばかりの制度です。
私も知ったばかり。

> いただいたコメントの
> 返事に失礼なことを書き申し訳ありませんでした。
> ご主人様の、お世話で行動が制限されていたのですね。
ブログの交信を始めたばかりの間柄。
ご存じなくても不思議ではありません。
夫の病は変だと気が付いてから10年です。
メソメソ、ワアワアト泣いていたのはずっと前。
今では覚悟も決まり、諦めの境地です。
で、外出もままならず、、、これからもよろしくね。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。