FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のリード





リード2

↑は犬を飼っている人もいない人も皆さんご存知のリード。



ハーネス




これはハーネスという首に負担をかけないもの。

我が家の犬は子犬のころに使ってみたが、

同じところが擦れてしまってやめた。




リード




こちらは伸縮するリード。

これは便利ではあるが、使用法を間違えると危険!




ご近所で、

油断した奥さんが目の前で愛犬を亡くしてしまった。

使っていたリードは伸縮型。

彼女の受けた衝撃は大きく、まさに半狂乱。

車にはねられた犬を抱いたまま、玄関先で泣き叫ぶ・・・・




犬を火葬してくれる出張車があることも知った。

生前そっくりの毛糸の編みぐるみを注文できることも。




リードの使い方を誤った、彼女の後悔は如何ばかりか・・・・

特に室内犬は我が子と同じ。

ペットロス、、、、容易に察しがつきます。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに

犬の自由に散歩できるし、付いて行く人も楽と、伸縮性のあるリード使られる方達が多いですね。

しかし、あまりに自由にさせると、事故!

この事故には二つの問題があるようです。
一つには路地や車の陰、に入り込んで起こる事故。

犬にも、周囲のものリードで擦って、持ち主とのトラブル。

二つには散歩の途中、犬と飼い主の間に張られたリードに他の通行者や自転車、、時には車まで引っかかって、、

実は犬の暮らしにはこの、伸びるリードの不都合、かなり前から指摘されておりました。

なぜなら、自由に犬が暮らせる、すなわち、我儘な犬を育ててしまうのだそうです。人と共存ではなく、犬が主体だと、、勘違いさせてしまうアイテムと、お互いの気持ちの交流に亀裂をつくりだすのでは、、などと、心配される専門家の意見もあったのです。

楽、便利、その陰で、不幸や、、思ってもイナイ事故がおきているのです。通学の子供達、駆け出して、、、予測不能な我儘になった犬のピンと張ったリード、、細くて丈夫、、朝や夕方には見えにくいのです。

販売店では、「使用には十分に気を付けてください」とだけ、
建物や車、人への配慮など、かけている様に思われます。

犬も飼い主も、合理主義や自己責任の波にもまれて、
売れれば勝ちの商売の犠牲者、、売る前に気付いていたハズなのですが、、

フゥーさま

> なぜなら、自由に犬が暮らせる、すなわち、我儘な犬を育ててしまうのだそうです。人と共存ではなく、犬が主体だと、、勘違いさせてしまうアイテムと、お互いの気持ちの交流に亀裂をつくりだすのでは、、などと、心配される専門家の意見もあったのです。
それで、散歩のときは飼い主の脇をきちんと歩かせることが
大事なわけですね。
もう一つ、半歩前を犬が歩くことで、犬の健康状態を
観察できます。
> 売れれば勝ちの商売の犠牲者、、売る前に気付いていたハズなのですが、、
伸縮性のものも使い方次第でいいのですよ。
きちんと止めておいて、広い場所でちょっとだけ自由に、、、、
それもしょせん、ほんの少しだけですが。
私の結論も伸縮性のメリットは????
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。