映画「沈黙」






沈黙




遠藤周作の本を読んではいた、何度も。

でも、何も記憶になかった。

ただ一か所、キチジローが裏切るということだけを除いては。




沈黙の意味を解き明かしてもらったような気がする

まだ鑑賞していない方のために書くのはやめておこう。




17世紀、純粋な心で布教を考えているパドレ(神父)。

背景には腐敗しているローマカトリック教会がある。

受け入れ側の日本も、武器がほしかった。




宗教と政治!

メイフラワー号には多くの清教徒と大勢の犯罪者たちが。

先ずインディアンを殺してからアメリカ大陸に上陸した。




とにかく、、、、

運命は受け入れるしかなく、従うしかない

逆らっても無駄。




未来(先)が見えていたら絶望するだろう。

山あり谷ありが人生だから。




現在(いま)を大切に生き抜きましょう!










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR