歯科医を変えたら





イラスト歯



昔、そう・・・・わたしの若かった頃は予防歯科なんて、、、、

無いに等しかった。

痛くなったら行くのが歯医者さんだった。




成人してから左右1本ずつ奥歯を抜いた。

抜いたままで結婚し、子供も産んだ。

1976年、アメリカで歯科医にかかった。

ブリッジをしてもらう。

当時はアメリカのほうが日本より歯科は10年進んでいたらしい。




同じ治療をした友人が日本で友人の歯科医に診てもらった。

一カ所100万円かかっているそう・・・・!

ご主人がダイアモンドを入れていると思って鏡を見れば、と。




この快適なブリッジも1992年、LAで左奥だけ虫歯の治療。

右奥はその6年後、ブリッジの部分が欠けてしまった。

そのままにしていたら、、、さあ大変。




温存でと言われ、クリーンアップだけを続けていたが・・・・

X X X X !!!!

近くの歯科医に変えたとたん、明るい兆しが。

紹介のみ受け付けるところで、笑いの絶えない職場。

こんなの有り?




被せているものを取り除き、一番奥を抜いた。

もっと早く医院を変えていれば抜かずに済んだようだ。

ブリッジの手前をいかに持たせるかを様子見にと。


歯イラスト2



正しいブラッシングの方法も習いルンルンで帰宅。




紹介者の友人は違和感もなく美味しく食べられると。

片側だけで食べていた食事は美味しさも半減だった。

嬉しいな・・・・・









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですね、健康のために歯は大切です。
丁寧に歯磨きしていても、
どうしても口のトラブルは、だんだん増えてきますよね。

私はお気に入りの歯医者さんが遠くへ引っ越してしまい、
先日、近所の新しいところへ行ってみました。
そうしたら、「歯の移植」を勧められてしまいました。
私は顎が狭くて、親知らずがまだ8本潜っているんですが。
それを前歯に作り替えて移植するそうです。ひぃ~~~。

最近の歯医者さんの技術や考え方は、日進月歩。
でも程度の問題かな。ちょっと革新的過ぎて腰が引けました。

こちらは田舎なので選択肢は多くは無いのですが、
自分の歯なので、がんばって納得できる先生を探そうと思います。

良い先生を見つけられたようで、ほんとうに良かったですね。
美味しいものをなんでも噛める歯になりますように!

おはなさま

お久しぶりです。
いつまでも寒いですね。

> 私は顎が狭くて、親知らずがまだ8本潜っているんですが。
えっ! 親知らずはマックス4本だと思っていました~
私は2本抜き、あとは生えてきません。

> それを前歯に作り替えて移植するそうです。ひぃ~~~。
そんなこと・・・・・いやいやいやですよねぇ。

> 良い先生を見つけられたようで、ほんとうに良かったですね。
ご両親も歯科医で、二代目のまだお若い(この範囲の広さ!)女性です。
診察室も古風な感じで、前面いっぱい、腰高窓のところにカウンター。
その上に鉢植えの花や観葉植物がずらりと並び、アトホームな雰囲気。
患者と先生、助手の人たちが和気あいあいと笑いあっている・・・・
患者を大事にしている姿勢はアメリカもそうでした。

> 美味しいものをなんでも噛める歯になりますように!
これが何よりの喜びです。ありがとうございます。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR