ルミネtheよしもとへ






よしもと




新宿の 「ルミネtheよしもと」 に行った。

その前に赤坂でアジアンフェスティバルに行ったので、

電車で都内をウロウロしたことに。

都心は人が多い!




吉本興業のルミネは流石に地方色豊か。

遠くから来た人~に応えて、石川、北海道など。

しかも その両方とも修学旅行の中学生!




野球部だという男子の絶妙な遣り取り。

最初の文句は忘れたが、司会が

「サイン コサイン」とマイクを客席へ。

「タンジェント!!」と大声で男子生徒。




「イッヒ リーベ」

「僕の船!!」

わあ~~ん、なつかしい・・・・・

頭もイガグリで、これまたなつかしい。




お目当ての ゆりあん はまた3日前の演しものと同じ。

それはまあ良しとして、、、、、ちょっと一言。

ある二人の男性コンビがデブだのブスだのをネタに。

笑えない不愉快な話だった。




綾小路公磨も女性を茶化して笑いを取るが、それはまだ、、、

昨夜の「ラジオ深夜便」で桂文枝の芸を聴いた。

大阪のおばちゃんを題材にしていたが、面白かった。




人の頭を叩いたり、小突いたりの芸は見苦しい。

若手を応援したい気持ちはあるが、満足はしなかった。
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

白秋マダムが「よしもと」というのは意外でした。

「ゆりあん」という芸人は全く知りませんが、
きっとマダム好みのウィットに富んでいるのでしょうね。

テレビが出現してからは笑いもなにもかも、
当然のように見た目、動きが注目されるようになりました。

でも、子供の頃のお笑いといえばラジオから聞こえてくる、
しゃべりの面白さだけでしたから、
今でも話芸で笑わせてほしいと思ってます。

落語や漫談が手っ取り早いのですが、
漫才も年季の入ったコンビは、やはり面白いです。
阪神・巨人とか、今や伝説のやすきよなど・・・

ほんとうは、若い芸人の中から見つけたいものですが、
テレビを見るのも疲れてきました。

何が流行なのかもさっぱりです^^

NANTEIさま

> 白秋マダムが「よしもと」というのは意外でした。
そうですかぁ? 私は自分でも出演したいくらい面白い人なんですよ。
ただ今まではあの世界にご縁がなかったのでしょう。

> 「ゆりあん」という芸人は全く知りませんが、
> きっとマダム好みのウィットに富んでいるのでしょうね。
ぜひ私の好きな候補のをユーチューブでご覧になってください。

> でも、子供の頃のお笑いといえばラジオから聞こえてくる、
> しゃべりの面白さだけでしたから、
> 今でも話芸で笑わせてほしいと思ってます。
秋の夜長 祖父に付き合ってラジオを聴いたこともありました。

> テレビを見るのも疲れてきました。
そうですね、エネルギーが必要ですね。

素晴らしい、でもちょっと難しい俳句を詠まれることが何よりです。
私が作る俳句は母曰く川柳だと。
質の高いブログへの執筆を拝見して縮こまっている私です。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR