FC2ブログ

テレビのお安い特番

全体 オキザリス 
        オキザリス


かつては春と秋の2回、テレビの番組は新規一転して変わったものだが、
今では年4回だという。

間の番組のお粗末なこと。

何の職業が本職か分らないタレントたちが、内輪同士でワイワイと
楽しくやっているだけのように映る番組もある。

こんな番組をするくらいなら、過去の評判の良かったものを再放送
してほしい。

時事討論会など、いつもは時間が足りない番組をじっくりとするのは
どうか。

「なつかしの……」と銘打った歌番組にも一言申し上げたい。

ある歌が巷で流行ったのは、そのときが良かったのであって、年齢を
重ねて声の出なくなった人に歌わせないでほしい。

声が出たとしても、変に歌い方が変わっていて、なつかしくもなんとも
なくなっているものもある。

流行した当時のビデオを流し、ご本人は思い出話をするくらいに留めて
おいてほしいものだ。

あまりにも古くて録画のない人のは、レコードをかけて、流行った当時の
世相でも流しては如何?

広告宣伝料が入らない、人気者の役者の長い契約が取れない、というのが
良質な番組を作れない理由らしい。

マスコミ関係の人たちの高すぎる人件費を削減しては、と思うのは
わたしだけではありませんよ。

以前、テレビが日本人を 1億総白痴化 させると大宅壮一が言ったが、
その懸念はありますね。

15、6年前のアメリカの教養人たちはテレビ離れをし、ニュースの映像を
観るくらいで、ファミリールームにでんと大きなテレビが場所を占めている
ということはなくなりつつあると聞いた。

関係者は視聴者のターゲットを18歳から20代ときめているそうだが、
とんでもない。

シルバーエイジのわたしたちは時間もたっぷりあるし、選挙の投票率だって
一番高い。 知識に対して貪欲でもある。

智恵を絞って情報を発信し、刺激をしてほしい。 お願いしますわね。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR