FC2ブログ

心臓移植手術を見ました

houston medical center
     Houston Medical Center


テキサス医療センターはヒューストンにある。

世界最大級の研究と医療の集中機関で写真の如く、まるでひとつの都市のよう。

ライフ フライトと呼ばれる救急ヘリコプターのシステムをいち早く設置したのも
ここである。

心臓移植の手術数も世界一で、患者も世界中からやってくる。

日米親善交流の一環として、ダラスとヒューストンで日本文化紹介の催しがあった。

時は1990年代の後半、以前ヒューストン在住の者として、主催者側の代表夫人
のお世話に出向いた。

殿方が仕事に奔走している間、わたしたち婦人は自由時間があり、夫人の要望で
心臓手術を見に行くことに。

そんな急に、まるで他人のわたしたちが手術を見られるのか……と心配したが、
それは杞憂だった。

手術室の真上は円形のガラス張り(もしかすると強化プラスチック?)で、大勢の
人たちが二階から手術の光景を見ている。

恐らくは家族、医者、医学生たちだったのではないか、熱心に見ていた。

ガラス張りの周りに手すりがあって、その外側で、つまり二階部分では歩き回ろうと
会話をしようと、まったく問題ない。

手術を受けている本人の血液を、管を通して戻しているのが印象的だった。

ヒューストンには日本からもたくさんの医師が留学していた。

医学は日進月歩しているのであろうが、まさに刻々と進歩しているのだと実感。


余談
 1970年代後半のアメリカで聞いたのは、ある病院ではお金を取らない代わり
 に手術が失敗しても文句は言わない
、という条件で手術を受けられる、と。

 若い医師たちは豊富に手術例をこなして腕を磨けるし、貧しい人も医学の恩恵
 に浴せる。


 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR