FC2ブログ

チップは感謝の形です

枯葉
       はにかみの紅葉


チップはサービスが及第点のときに与えられる報酬である。

お馴染みはタクシーやホテルでのポーター、ルームサービス。

もっとも頭を悩ますのがレストラン。

15%から20%が相場であるが、気に入らないことがあったら、チップを小銭
だけにして意思表示もできるし、特別手を煩わせたときなどは感謝を込めて弾む
とよい。

拾い読みした記事で、シルベスタ・スターローンはレストランでのチップをいつも
6%しか置かない嫌われ者だと。
    (なにか思うところがあるのでしょうね、、、)

チップを収入として当てにしている給仕たちはとても愛想がよい。
ホテルの朝食で、微笑み全開のブロンド美人が「コーヒーをもう一杯いかが?」
なんて何度もサービスされると、夫は気前よくチップを弾む。 
    (朝は金額が小さいので可能なのです)

手荷物が多いとき、コンドーのお掃除のお兄さんに部屋まで運んでもらう。
スーパーで小学生くらいの男の子たちがちょっと手伝ってくれる。
こんなときはとっても助かるのでうれしい。 
小銭で楽ができるのはチップの国だからこそである。

日本にもその昔、駅には赤帽さんがいましたね。

何気ないことを頼んでチップを出すときはさり気なくが美しい。
お札なら小さく畳んで、グッドタイミングで握らせる。

タクシーでちょっとしたお釣を「Keep your change.」などと優雅に告げて
降りましょう。

難しくはないのです、ありがとうの気持ちを表現する手段ですから。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR