FC2ブログ

買い被られて……

メジャ テ



鉄面皮イブ所有の古い家を脱して、新居へと越した。 (1985年)

ジャカルタの家は10年すると建て替えると聞いたが、それほどではないにしても、
雨の多い、暑い国では近代建築で使用するセメントは耐用年数が短いのかも。

今度の家は全室、カーテンは白のブロード地、周りに幅広のレースをあしらった。
一般的なレースとドレープとのダブル使いにせず、プレーンに一枚だけに。

大家さんの片腕である、お嬢さんのエリーさんは、このカーテンでも驚いていた。

なにしろ大家さんがカーテン代も払うといっているのに、わたしの選んだのは安い
料金で済んだのだから。

その後、銀行の支店長夫人と大使館勤務している方の奥さまだという日本女性が
エリーさんに連れられて我が家を見に来た。 

どちらも契約が決まったそうだ。

その年のクリスマス。
写真の メジャ テ(お茶用テーブル)にリボンがつけられて大家さんから届いた。

楕円形の回りはぐるりとガラス。
この上でお茶の用意をしてサービス、上部はお盆となって取り外せる。 

下部にはお茶に必要なものを収納。 オランダの家具のレプリカらしい。

この家具の上に、小さな包みが3個入っているバスケットがあった。

家具だけで興奮していたわたしたちは、形からしてバスケットの中身は石鹸だと
思っていた。
  (このあたり、バランスのとれた庶民感覚が働いているのだと思いません?)

しばらくして中を開けてみて、仰け反らんばかりに驚いた。

中にはダイアモンドのブレスレットが……!!!

ママ用にはびっしりと、中学生と高校生の娘たちにはやや控えめに。

ウチが契約をしてからビジネスが順調にゆき、日本人の好みも分かったとかで、
大家さん一族ではわたしのことを「福の神」といっているとか。

3年分の家賃が一括前払い、土地さえ手に入れれば建築はお手のものだったのだ。

大家さんは建設業、エリーさんはオーストラリアの大学で土木の勉強をし、修士課程
まで修めた才媛。

その後も大きな ゲイティッド コミュニティ を開発し、そこで使えるいろんな施設の
カードが届いた。 番号には NO1 の文字が。

帰国までの3回のクリスマスはダイアモンド攻勢だった。

中国の習慣だからと言って、わたしの辞退を退けていたエリーさん。

わたしのインテリアのアイディアを生かして成功したのだからと。

わたしたちがジャカルタを去るころには借家が200軒、7年後に旅行で彼女に会った
ときには、500軒を越えているといっていた。

   余談
    こんな彼女にわたしが悩んだのはお土産。
    
    日本に一時帰国したり、日本に彼女が来たときなど品選びが大変だった。

対等にお付き合いするつもりはなかったけれど、答礼ということもありますし、ね。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR