FC2ブログ

Natchez, Mississippi



スタントンホール
       本部・スタントンホール




玄関
       玄関先で南部のお嬢さま方が




3人
       邸宅の前で






ミシッシッピー河を上流に遡ると ナチェッツ という町がある。

1700年代後半、多くの奴隷を安い賃金で使い、人々は財を成した。

経営していた農園はプランテーションとよばれる広大な土地。




現在でも往年のお金持ちの家が30軒くらい存続し、常時15軒が

マンション・トレイル と銘打って公開されている。

   注:この情報は1977年当時のもの

インテリアデコレーションに興味のある方にはとーっても魅力的な町。




写真のマンション(大邸宅の意)で印象に残っているのは、

玄関ホールの右手に大きなドレッサーがあり、床からすぐ上の

部分に横広の鏡がついていたこと。

これは訪問客の女性が ドレスの裾をチェックするため だとか。

さすが南部! 




しかもどのマンションもたった今まで人が住んでいたかのような

セッティングがされ、生活感があった。

たとえばカードテーブルにはトランプがプレイの途中のように。

食堂のテーブルには10人分のディナーのセッティングが。




これだけのお金持ちなのにベッドルームにはワードローブ

(洋服ダンス)が一つしかない。

もちろんタンスの素材はマホガニーやチェリー材。

彫刻を施した豪華な代物だったけれど。

「他のお洋服はどこにあるのですか」

「その時々、ご主人の要望のあったものをメイドが4階から運んできます」




まるで「風と共に去りぬ」の世界である。

実際この写真の通りで クラーク・ゲーブル が乳母車を押しながら

歩く場面が撮影された。


モス


木からぶら下がっているのが Spanish moss で、西部劇の映画に出てくるコケ。

全体写真の右端にある。

これが地面に落ち、風に吹かれて丸まりながら荒野をさまよう。




「もう家を見るのはいやだ~」という子供たちを尻目に

わたしは2度この町を訪れた。

今一度訪ねてみたい町である。



    注:額に入っているガラスが写真撮影を困難にしている。

      見辛いことはご容赦のほどを。未熟者ゆえ・・・






お詫びと訂正
 
   この記事を読んで間違いを教えてくださった方がありました。

   お恥ずかしい次第ですが、訂正させていただきます。


「スパニッシュ・モスが地面に落ちて転がる」と
ありますが、それは別種のタンブル・ウィードではないで
しょうか?


以下ウィぺディアより

タンブル・ウィードは、アカザ科オカヒジキ属の植物群。ロシアアザミとも。
アフリカとユーラシアに分布し、乾燥地や塩性地に生えることが多い。
直訳すると「回転草」となり、風に乗って地面をコロコロ転がる姿が
西部劇で御馴染である。株はボール状に成長し、秋に果実が成熟すると
風によって茎が折れ、原野の上を転がる。この運動により種子をまき散らす。

ちなみにスパニッシュ・モスは
「モス」という名にかかわらず、スパニッシュ・モスは苔(コケ)ではなく、
寄生植物でもありません。根は無く、水分は空気中から、養分は漂う塵から
採るのだそうです。湿気の多いところでないと生きていけないわけです。
スパニッシュ・モスは小さな黄色い花をつけます。茎は枯らして室内装飾などに
使われます。アメリカ南東部および南米の熱帯地域で見られますが、アメリカ映画
では、南部の象徴のように登場します。



    以上、今後は充分精査の上 記事を書きます。

    ご迷惑をお掛けして済みませんでした。








    
    
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

通りすがりさま

こんばんは、とてもご親切なご教授ありがとうございました。
テキサスに住んでいたときの生半可な知識で書いてしまいました。

それと信じていたばかりに調べもせずに、、、お恥ずかしいことです。

早速記事上で訂正させていただきます。
それにしてもとても奥ゆかしい文章とご配慮、恐縮しております。
重ねて御礼申しあげます、ありがとうございました。


プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR