カップの形状から氏素性を調べるには

カップ本
      英国カップの要約、概説 1990年出版


アンティークカップを集めていると裏に窯印のないものがある。

これらは形から判断するしかない。

写真の本はMr. Berthoud のコレクションと、参考にした他の収集家や美術館の協力を
得て、1750年から1940年までの英国のカップをまとめたものである。

写真では、氏の周囲にずらりとカップが並んでいるのが分かる。 圧巻!!

カップの形、ハンドルのデザインなどから出所を明らかにできるとの広告を
見て買った本だが、お目当てのものを探すのはなかなか難しい。

むしろこの本は暇なときに飽かず眺め、記憶の隅にしまっておいて、ある日、これだ!
ひらめく出合い用として活用するのがいいのではないか。

1ページに6客のカップの写真があり、1客ずつ説明がついているので、見るのは
楽しい。

カップ

上の写真のカップも氏のコレクションで、1868年の Brown-Westhead & Moore 窯、
プリントとエナメルのパターン。 

金箔と金彩が施されたシンプルでも豪華なカップ。 東洋的な雰囲気がある。

本の中は、ほとんどがモノクロの写真の中、ほんの6ページしかないカラーを取り
上げてみた。

カップは割れ物であるだけに、年々数は減ってしまう運命。

わたしの大事なカップたちは戸棚に仕舞いこまれてはいるが、地震がきたら割れて
しまうだろう。

戦争や引越し、泥棒に遭ったかもしれないアンティークの生き残ったカップたち。

美術館クラスの重要文化財でないなら、たまには取り出してお茶を、と思うが、残念
ながら紅茶やコーヒー党でないウチは眺めるだけのカップとなった。

それも、たまーにしか。 ごめんなさいね、カップさんたち。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

興味が同じ方にコメントいただけて嬉しいです。
お探しの本はもう何年間も開いていません。
お住まいが近ければお貸ししますが。
どうそ鍵コメで何でも聞いてくださいね。
ただし、私も素人ですからお役に立てるかどうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま

私の海外生活はヒューストン、ジャカルタ、ロサンゼルスでです。
旅行は好きというより行ってみたいところという価値で選びます。
まだ未知の土地はたくさんありますが、リピートは多いです。
イギリスは縁あって5回、あとはカナダ、イタリア、メキシコ、ハワイ
香港などへも何度か。シンガポールは10回以上でしょうか。
ここのところ5年間は海外旅行はしていません。

メールを通してお話をしましょう。
このご縁を大切にして。
そちらさまのブログを教えてください。
こちらからも鍵コメでより詳しいお返事ができると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR