FC2ブログ

当たり前が崩れ始め、不便な世の中に!

タグ防犯用


LAのブティックで店員が、パーティシーズンが終わると返品が結構ある、と言った。

返品って、それって当たり前じゃない? と思っていると、なんと一度パーティに着て
いったものを返しに来るのだそうな。

素敵な洋服ほどみんなの印象に残るわけで、何度も着られない。

値段が付いているタグをそっと、うまく隠して着、パーティが終わると返品に。

ベテラン店員の勘で、判るのだそうだ。

そこで衣料量販店などの人手の少ないところは対策を考え、写真のようなプラスティック
のタグを付けることに。

万引きをしようものなら店を出るところのセンサーにひっかかりばれてしまう。

万一通過できても、このタグは外れない。

無理矢理外そうとするとインクが飛び散って衣類を汚す仕組みになっている。

わたしもデパートで買った服にこのタグが付いたまま持って帰ってしまった。

センサーをすり抜けられたのも不思議だったが、タグが取れずに着ていく予定の日に
間に合わず大迷惑!

このタグはいろんなタイプがあって、他所の店で外すのは不可能なのだ。

LA滞在中は私の人生で最も多忙を極めた日々で、おいそれとデパートに掛け合いには
行けず、何日か不愉快な気持を抱え込んだまま。

万引き防止のために善良なる市民がいやな思いをしているわけである。

ある店では試着室の前に店員がいて、2点までとチェックをする。(タグはない)

高級ブティックではもちろん店員が洋服を持って後ろから付いてきて、ドアの近辺に
かしずいてくれている。 (もちろんタグはない)

そんなことはあり得ない、あるはずがないという性善説から社会生活は営まれ、困った
事態が起きてから対策が練られ、決まり(法律も)が生まれる。

思えば土浦の中学生刺傷事件、そのうち包丁も気軽に買えなくなるのでは?

鉄道の線路内に子供が入り込んだ、では日本中の線路脇に柵を張り巡らせろとでも?

じゃあ、琵琶湖の周囲にも柵が要るようになるのでしょうか。


  補足:土浦の中学3年生の男子は高校受験を控えていたのでは?

     この時期の事件である。 関係者の善処を陰ながら祈らずにはいられない。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

御訪問ありがとうございました。
私もこちらの方たちの神経の図太さにはまいります。
着用後でも、レシートがなくても返品可能とうたってコマーシャルを流している量販店もありますよ。私も以前、季節外れの雪山に行く息子にやっと冬用のジャケットを探し当て帰宅後、プラスチックのタグを店員が取り外し忘れたのを発見。夜遅く遠い道のりを運転してタグをはずしてもらいに行ったことがあります。もちろんディスカウントしてくれるわけでもなくただの時間の無駄でした。全くお気持ちわかります。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR