FC2ブログ

ゴルフのプロ・アマ戦



ナパ 葡萄
    ナパ バレーの葡萄



1996年と翌年、サンフランシスコの北に位置するナパ バレーのシルベラード

夫がシニア ゴルフ トーナメントの前哨戦であるプロ アマ戦に参加した。

参加できた理由は、、、、

  大会を支援する企業が寄付で参加資格を得て、夫に招待状が届いたわけ。




1997年の初日の夕食は大テントの中に全員が集合。

大会の挨拶と報告など、例年通りの運び。

ここに日本から 青木功選手 が出席していた。




何百人の中で日本人は青木氏と私たち夫婦のみ。 ラッキー!

食事も進み歓談の時間に青木さんのところにご挨拶に行った。

同胞のよしみで厚かましい行動に、、、、

もちろん見も知らぬ間柄である。




勇気を出したわりには手短に、月並みの言葉しかかけられなかったわたしたち。

彼の応答は、よくあることと慣れた感じ。 

でもわたしたちは得した気分!




プロ アマ戦のときは夫について回った。

本戦のときは関心のない女性たちには招待者側からイベントが用意されていた。

  
  ・気球に乗ってナパ バレーを上から遊覧

   意外と低いところを飛ぶので、家の中で人が机に向っているのが
   
   手に取るように見える

  ・ショッピング  アメリカってどこも似たような店ばかり……

  ・ワイナリー巡り




試合後の夜はいろんなレストランを体験。

印象的だったのはあるワイナリーのセラー(貯蔵庫)での食事。

洞窟のような行き止まりのところに2テーブルだけ用意された貸切レストラン。

壁に掛けられているキャンドル、テーブルの上にも・・・

そのキャンドルの揺らめく中での食事は幻想的でロマンチック。




もちろんオードブル、肉料理、魚料理、デザートなど全てを食する前に

厳選された異なるワインが出される。

そんなに味に違いがあるとは思わなかったけれど・・・




なにしろ英語しか通じないのが残念至極。

楽しいのは事実だが、正直いつもパーティの後は肩や首が凝って困る。

英語で笑う のって結構 疲れますのよ。

日本人の駐在員たちはアメリカ人と食事をする事を「横飯を食う」と。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR