FC2ブログ

あら、まあ、地震で欠けた皿

欠けた皿




アンティークショップを回るうちに、また自分で食器を手に入れた後に、
磁器の絵付けに興味を持った。

「これは上絵付けです」

「トランスファーですよ」

「有名なペインターの作です」

こう説明されても不勉強なわたしには何のことだか解らない。

ディーラーに教えてもらい、本を買って調べ、ついには絵付け教室へ通うことに。



この妙案が浮かんだのは日本へ帰国する3ヶ月前。

親切な先生のおかげで どんなものであるか 程度がわかるくらいにはなった。

とにかく材料だけは揃えて帰った。

先生のご指導の下、面白い試みを、



アンティークカップだけの


アンティークショップにカップだけが売られていた。

裏印はないが、恐らくはドイツのものか、、、、。


アンティーク手描き皿


カップに揃えてソーサーを描いてみた。

写真の撮り方がよくないと弁解しておきたい。

帰国して原宿の教室に通い、入門コースを終え、次に近くの教室で2年間習った。

地震で欠けた皿は最後の先生のときの作。

用があってポンと置いていたため、上から物が落ちて欠けたもの。



お茶セット

春らしいコーヒーカップ

ティーポット

ポットの蓋のつまみ周りだけに模様を描いた

蓋物

蓋物

蓋物2




自作の食器は見るだけのもので、食卓用ではない。

どうしても絵付けをすると描きこみ過ぎる嫌いが出てしまう。

学習した身でプロの作品を見ると、手馴れた感じ、筆の勢いなどはさすがである。

今では家族の要望に応えて、たまに食器に絵付けをしているくらいになった。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

すごーーーい!

またまたマダムの才能を見つけちゃった!!
絵心満載!素敵ですね~
色の選び方等とっても素敵ですよね~
いまでもたまに絵付けなさるんですか??
実は近くに絵付け教室があるんです。。
とっても興味があるんですが
可憐でエレガントな食器が似合わないぼるん家。。
迷い中です。。

ぼるんちゃん

こんばんは。

> 可憐でエレガントな食器が似合わないぼるん家。。
絵付け教室で習うのは可憐な絵ばかりではありませんよ。
最初はお手本通りに練習をしますが、だんだんと自分の好みの食器を
描いてゆけるようになります。
大丈夫、美大卒ですもの。
興味がおありならお薦めします。
食器についてあらゆることを知るでしょうから。

素晴らしいです・・・・!

いつもながら、素晴らしいブログです。

アンティークカップはローゼンタールに似ていますね・・。絵付けは一見
リモージュの淡さにも似ていますが・・。形からローゼンタールに似ています(と、思います)。

ネームスタンドは同じもの(ほとんど)当店にもありました。繊細で素晴らしいですよね?
マダム様の審美眼と心根の美しさには、・・・憧れと・・・私も見習いたいです。

ラ・シェリーヌより

ラ・シェリーヌさま

お早うございます、ちょっと遅めですが。

カップのアドバイスありがとうございます。
ローゼンタール、、、、大好きです。
このカップもハンドルがいいでしょ?
さすがラ・シェリーヌさん、出所が分かってうれしいです。

アンティークの指輪も1点持っています。
なんとなく、懐かしさが込み上げてくるようで……。
とっても迷って買わなかったのがローズカットの指輪。
カットは面白かったのですが、輝きに不満があって断念しました。

カップは、謎が解けたような気分です。
重ねて、ありがとうございました!


プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR