FC2ブログ

ビルチェス伯爵夫人の肖像画

ビルチェス夫人
 



写真の絵はポスターである。

娘が学生のときにプラド美術館に行き、お土産に買ってきたもの。

楕円形の額に入れるため周りをカットしてしまってごめんなさいです。




夫と二人でスペインを訪れたとき、わたしたちもプラド美術館へ。

長い行列ができていて込み合っていた。

前に並んでいるご夫婦の奥さまのほうが後ろのわたしに話しかけてきた。

「二人でいると喧嘩しません?」

「しょっちゅう小競り合いをしていますよ」

「あら、ウチは大競合いですわ」

こうしてお喋りをしていると時の立つのも気にならなくなった。




美術館の中は広く、始めこそ丁寧に順番に見ていたが、やがて早足になり、飛ばし、

走りすぎることに。

途中で日本人のツアーの団体がいると、さり気なく近づいて説明を聞いたりもする。

20年も前は音声ガイドもなかったので、頭にある絵画の説明書きを思い出しながら

見て回った。




出口に日本語の本があり、美術館所蔵品のセレクション100点などという

ものを見つけた。

必見の絵画だけを載せているもの。

次回は100点に絞って見ましょう。




建物を出て、ふと見るとあちらにも小振りな建物が……。

入ってみると、写真の「ビルチェス伯爵夫人の肖像」があった。

えっ、あっと驚いた。

薄暗い我が家に掛っている夫人はずーっとグリーンのドレスを着ていると思っていた。

ブルーだったのね、、、、。

ガラスも反射して写りがよくないので、 Website より画像を拝借。




伯爵夫人ビルチェス



      原画は126x89センチの大きさ

      画家 フェデリコ・デ・マドラーソの作品 

      製作は1853年

      モデルは アマリア・デ・リヤノ・イ・ドトレス



伯爵夫人の肖像で、この絵は19Cのスペイン・ロマン主義の最高傑作といわれている。

伯爵夫人32歳のときだというから驚き!

このしっとりとした優雅さと気品がその若さで出せるとは……。




日本人にも人気の絵画で、見られてよかった、出会えてよかった旅だった。

スペイン人はおしなべて背も高くはなく、街を散策しても違和感はない。

ちょっとした店に飛込みで入っても、まちがいなく美味しかった。




夏限定で南スペインを周る豪華寝台列車があり、なかなか切符が取れないのが

悩みで、いつかは行ってみたいと思っている。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あら!

マダム。。南スペインを周る豪華寝台列車なんて
素敵な企みもございますのね!!さすがです!

しかし傑作ですよね~これは実物をご覧になられたなんて
とっても幸運!
いいですね~。。私もプラドーには行きたいんですよね。。
いつになるか分かりませんが
野望だけはマダム同様持っておりますよ!笑

ぼるんちゃん

> マダム。。南スペインを周る豪華寝台列車なんて
アメリカ滞在中にキャンセルしてから、思いは募るばかり。
日本の旅行業者ではなかなか、、、、。
しかも、もうないのではとも言われました。
マドリッドから南を回ってマドリッドへ。
列車で観光地に着いてはめぐり、ホテルは寝台車で。
陸のクルーズ版ですよ。

「念ずれば花開く」という好きな言葉。
唱えていればいつかは道が開けると思うのです。

No title

素敵な絵ですね。
そして、素敵な方。
この絵を見ているだけでうっとりします。
部屋に飾っておきたい絵です。

私も絵を見るのが好きで、旅行しても美術館には時間が許す限り足を運びます。やっぱり実物をみると感動が違いますよね。そこからのエネルギーを感じられます。

cherryさま

絵を見るとエネルギーを感じるって仰っていましたが、感じるだけではなくバンバン受け止めて
生かしていらっしゃるのでは?

鋭い視点での評論にはとても刺激されます。
女性の住みやすいお国だそうで、よかったですね。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR