FC2ブログ

エルテのブルーアジア

ブルーアジア取り直し
     94x77センチ  エルテ 1892-1990 




エルテ(ERTE)のシルク・スクリーン。

家中どこへ持っていっても光がガラスに反射して撮影が難しい。

やむなく玄関の椅子にのせて、、、、。

実際はトイレに掛けている。 少々シミが出てきているのが気掛かりではあるが。




1989年、エルテがもう危ないので絵を買っておくといいわよ、と知人のアドバイス。

実物やカタログを何枚も見た中でこの絵が強く印象に残った。

どこに飾ろうかしら……。

結局トイレしかなかった。

ロサンゼルスでもトイレに飾っていた。




LAのロデオドライブの画廊で、買った値段の半分くらいで売っていた。

日本でバブルのはじけたころには、買った値段の倍以上もした。

絵画の価格ってどうやって決めるのだろう????



丈夫ブルーアジア

地球をイメージ

女性二人BA

中近東風の女性が二人で地球を支えて

女性部分BA

極端に吊り上がった目は西洋人好み

BA女性拡大


BA部分



エンボスの手法や金、銀箔を使い、見る者を魅了する。

エルテはファッション画を描き、ブロンズ彫刻も手がけた。

我が家はこの絵に合わせて、トイレには古代の小物を飾っている。

お気に入りのトイレではあるが、長居はいたしません。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR