FC2ブログ

お母さま方、日本の歌を子供たちに、、、

由紀さおり
      オフィシャル ホームページより画像拝借



NHKの「ラジオ深夜便」という番組。

午前4時のニュースの後「明日へのことば」というのがある。

由紀さおりがゲストで「美しい日本語の歌を伝えたい」と講演をしたものを放送。




子供の頃、安田姉妹として雑誌でも見ていたし、由紀さおりは歌手としても、「お江戸で

ござる」でタレントとしてもお馴染みの人だった。

ところがLAにいたとき、童謡のコンサートを観にいっていわゆる生で見られた。

姉の安田祥子はお上品で、妹の由紀さおりは可愛いお色気の持ち主。

外国で、思いがけず日本の唱歌や抒情歌を聴き、涙が止まらなかった。

子供のときに理解していなかった歌詞も分かる歳になり、歌につれて思い出が

よみがえる。

翌年も、その次の年も出かけた、上質なコンサートだった。





日本に帰国し、とあるご縁で夕食をご一緒する機会があった。

上の写真のごとく派手さもなく、自然と私たちの中に溶け込んでのお喋り。

席は前に由紀さおりさん、右に安田祥子さん、、、、、。

さっぱりとした普段着でいらしてた。





本題に戻って、

由紀さおりが講演で訴えたのは、日本の美しい言葉を歌を通して伝えてゆきたいと。

西洋の歌はリズム、日本の歌はメロディー。

単語の発音どおりにメロディーがつけられるのだという。

鼻濁音を大事に使いましょうとも。




中学校に行って、唱歌の美しさを伝えるのはもちろん、保育園や幼稚園でママに童謡や

唱歌を歌う大切さを力説。




母親が何気なく口ずさむのが、一番の伝達方法ですよ。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

子供の頃は、いつも童謡を歌ってました。
みかんの花が咲いていた~♪。
懐かしい童謡。
日本には良い歌が沢山有ります。
子供達に是非、伝えて欲しいと思います。

No title

白秋マダム様へ
目を閉じて思い出すのは・・幼いころに聞いた童謡です。
遊園地に行ったことやお人形を買ってもらったことでは
ないですね・・・。
私は母の童謡というより、父の童謡の方が記憶に深いです。
父は毎晩私と姉の隣で赤とんぼを歌ってくれました。
ゆうやーけこやけーのあかとんぼー・・・を聞くだけで
胸が熱くなります。
子供に歌ってやらないといけませんね・・・確かに。
随分子供も大きくなりましたけど今からでも遅くないですよね?

おばばさま

> みかんの花が咲いていた~♪。
海沼実の歌ですね。
私も好きな歌です。

> 日本には良い歌が沢山有ります。
歌詞が美しいですよね。
特に秋の関係の歌はたまりません。
異国の地に慣れたとはいえ、日本の歌を耳にすると望郷の念にかられるのではありませんか。

アンテローズさま

感動のコメントです。

> 父は毎晩私と姉の隣で赤とんぼを歌ってくれました。
   お父さまとの素敵な思い出ですね。
   私も過去記事に載せていますが、赤とんぼを外地で聞いて号泣しました。
> ゆうやーけこやけーのあかとんぼー・・・を聞くだけで
> 胸が熱くなります。
   なる、なる……。

> 随分子供も大きくなりましたけど今からでも遅くないですよね?
   台所で、お散歩のときなど歌っていると、子どもさん方もまたアンテローズさんの
   好きな歌だったなーーーーーって、いつの日か思い出すのでは?
   

こんにちわ

お知り合いなんですか?
すっごい!
鈴夢は「りむ」と読みます。
息子の命名です。

ネコビーバーさま

こんにちは。

> お知り合いなんですか?
夫のほうは何度かご一緒していますが、私は一度だけ。
ディナーショウもしていらっしゃるのですが、なかなか暮は忙しくて、、、。
> 鈴夢は「りむ」と読みます。
> 息子の命名です。
リムちゃんですか。詩的で素敵!
息子さんはロマンティストなのですね。

今度はネコビーバーさんの名前の由来を教えてくださいね。
もしかして猫とビーバーを飼っていらっしゃるとか!?

No title

こんばんは。先日は私のブログにコメントいただき有難うございました。

我が息子、豪州育ちですのであまり日本語が上手ではありませんが、小さい頃に見せていた「おかあさんといっしょ」や「みんなのうた」(友人が録画してディスクを送ってくれました)で少しだけ日本語の歌が歌えます。 大きくなったら日本の歌を子供のころの思い出として懐かしんでくれるでしょうかね。

きんさんへ

こんばんは、きんさん。

> 小さい頃に見せていた「おかあさんといっしょ」や「みんなのうた」で少しだけ日本語の歌が歌えます。 大きくなったら日本の歌を子供のころの思い出として懐かしんでくれるでしょうかね。
たとえ暗号のように歌っていたとしても、いつか、あっこれ!って思い当たることがあるでしょう。
私たちが歌詞の意味や歌詞自体を誤解して歌っていたように。

うちの次女もナーサリーからアメリカ暮らしをしたときは、日本語も英語も中途半端になることを心配しました。
子供は何ヶ国語でも大丈夫のようですよ。
ただし、そんな環境を作ってやるほうが難しいですが。
頑張ってくださいね。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR