FC2ブログ

ハンティントン ライブラリーのバラ園



ハンティントン ライブラリー カフェ
  ハンティントン ライブラリーのホームページより画像を拝借



LAダウンタウンの北東に位置するサン マリノ市。

かつて、ここに家を構えるのが映画スターたちの夢だった。

ビバリーヒルズが開発されるとハリウッドに近いこともあり、

「高級住宅地はビバリーヒルズ」となる。




かつての閑静な住宅地に敷地25万坪のハンティントン ライブラリーという

図書館、美術館、植物園を兼ね備えた一画がある。

元は鉄道王、ヘンリー・E・ハンティントンの邸宅だった。




名前の通り図書館は世界に誇れる稀少本や手紙などを所蔵し、

予約を入れると閲覧もできる。

その特別室の入口には鉄柵のドアがあり、物々しい雰囲気からも

超レアものがあると容易に想像がつく。




敷地内には美術品の像が立ち、珍しい植物園、外国の建物などに

豪華な墓所まで枚挙に暇がない。




一般に公開されている邸宅!

世が世ならお宅の中を拝見なんてとてもできなかっただろうに・・・

大金持ちが住んでいた豪邸のなかを無遠慮に眺め回すことが

できるなんて、 至福のとき!!




詳細は観光ガイドに譲って私の経験談を。

四季折々に美しいバラが咲く、バラの花園がある。

バラのアーチのトンネルもあれば、1200種に及ぶバラの見本園のような一角も。




目に留まった薔薇の名前に「プレイボーイ」。

特になにも連想はできなかったが。

「プリンセス ミチコ」は一重の赤い、原種のようなバラで清楚な美しさ。




天皇皇后両陛下がLAにお見えになったとき、ここを訪問された。

そのとき「プリンセス ミチコ」がテーブルに活けてあった。

皇后さまが咲いているところを見てみたいとご所望。

みんなして庭に出てそこへ行ってみると、花は全て切り取られていた……。




見本のように一株だけ咲いているのですもの。

何といっても女性がうっとりするのは Rose Garden Tea Room 。(写真)

ブッフェでアフタヌーン ティーが楽しめる。
     
   予約制で頼めば食事もケータリングもあり




ここのミュージアム ショップは、英国調のクラシックなものが好きな人には絶対にお薦め。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR