FC2ブログ

グランドキャニオンは松ばかり!

ラスベガスの空港から一路アリゾナ州にあるグランドキャニオンへ。

6時間のバスの旅だった。

添乗員さんは丸顔の可愛らしい感じのよい人。

現地のガイドさんは説明が国語辞書のようで、わたしとしては百科事典

並のものがほしかったのに、、、、、、。




マーサーポイントで降りて雄大な景色を眺める。

最初に来たのは30年前。

8人乗りのセスナで渓谷の上を遊覧した。

娘とわたしはほとんどの間眠っていたが。

同乗のイギリス人家族が、「あなたの家族はお金を捨てたようなものだね」と

夫をからかった。





二度目が15年前。

このときは長女と3人でラスベガス発のツアーに入った。

毎日見ても、刻々と変わる景色に飽きることはないと言ったガイド氏。

でも大きな感動は最初だけだった。

むしろナバホ族のインディアンが作ってくれた昼食がとても印象に

残っている。

ほんの十数人で素朴な木で作られた食堂セットに座り、互いに

「ナマステ」と挨拶して始まった食事。

   訂正:親切なブローガーさんからのご指摘。

       「ナマステ」はインドの言葉で、アメリカ・インディアンのものではない。

       わたしの記憶違いでした。 ごめんなさい。

建物は無く自然の中、強い日差しの下、風に吹かれながら食べた。




グランドキャニオンの説明は雄弁なブローガーさんにお任せし、感動的な

写真もプロ並の腕のブローガー諸氏に委ねて、わたしの感想を……。

松が、あるいは松ばかりが生えていたといっても過言ではないほど。

日本で見るものとは異なる松にカメラを向けてみた。


松


松2


松3


松4


松5



現地では ヤッカ と呼ばれる背の低い、可愛い感じの松。

パイナップルを想像し、そうだあれも松の仲間かも、、、、と一人決め付けた。




カナダを寝台車で横断したときに、車窓から見えたのは杉、すぎ、スギ!!!

始めはじっと眺めていたが、すぐに飽きてしまった、その思い出とダブる。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あいうえださま

こんにちは。

> インディアンに向かってナマステはないでしょうv-7
私もこの後日本のテレビでインドのことを観ていたら、「ナマステ」と挨拶していたので
驚きました。
でも、確かにそのように記憶しているのです、今でも。
こんにちは、なのか、いただきます、なのかは忘れましたが練習もしたのですよ。

> それはそうと、ネイティブと呼ばれることに嫌悪があるそうですね
黒人の呼び名然りです。
「ニグロ」が駄目で、「ブラック」に、次は「アフリカン・アメリカン」。
なんと呼ぼうと個を指しているのに変わりはなく、社会の受け入れ方に委ねられている
のでは、と思っています。
この問題は掘り下げると根が深いのでこの辺りで、、、、。

Re: ナマステ again

あいうえださま
ブログの返信でてこずっています、行き違いがあったらごめんなさい。

一緒に旅行した娘に聞いてみると、覚えていないそう。
そこでウエブで調べてみました。
仰るとおり、わたしの記憶違いのようです。
今まで思い込んでいました。
「聞くは一時の恥、聞かずは一生の恥」の諺はこの場合、適切でしょうか。
ご指摘、ほんとうにありがとうございました。


長者

松ぼっくりの形がおもしろいですね!

去年、都会に住む友達に頼まれて、遅く来た台風の中、松ぼっくり拾いをしました。
「松笠」とか「長者」とか、おめでたいイメージの呼び名がある松ぼっくりですけど、
これはホントにパイナップルみたい。かわいいv-344

マダムのアメリカの植物写真は、どれも珍しくて、とても楽しいですe-257

No title

せっかくのグランドキャニオンを天空から眺められるというのに
居眠りですか。 それは、もったいな~~い!!
日本では見かけない松、いろんな種類があるんですね~。
パイナップルみたいな松、良い香りとかするんでしょうか?
匂いなんて嗅ぎませんよね、変な質問してすみません(^^)

おはなさま

> 松ぼっくりの形がおもしろいですね!
ね、どうしても足が止まっちゃいますよね。
植物の写真はこれで終わりです。
おはなちゃんの期待に応えられなくてごめんなさいね。

mimozaさま

こんばんはー、懐かしいお名前です。
> パイナップルみたいな松、良い香りとかするんでしょうか?
> 匂いなんて嗅ぎませんよね、変な質問してすみません(^^)
ほんと、よい香りがしそうですよね。
松だという先入観からか、嗅いでみようとは思いもしませんでした。
なるほど、珍しかったら触れる、嗅ぐ、ついでに時間があれば描いてみる、、、、。
デジカメって優れものでした!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR