FC2ブログ

アリゾナの町、ページの教会群は印象的

アリゾナ州にある ページ(Page) という町。

50年以上前、グレン渓谷ダム を造ったときに、関係者が住む

ために拓いた町である。




次の転機は1970年から1975年にかけて行われた大工事。

石炭を燃やすナバホ発電所を建造するため、また人口の流入

があった。

茶色のはるか見渡すナバホインディアンの居留地に、二つの

工事でページという町が出来上がった。




バスで町の脇を通りがかったときに印象的な光景に。

なんと協会が次々に現れる、、、、、、。

往きに見た教会群。

数えると8軒も。 (教会の数え方、分かりません、、、、)

これはなんとしても写真に残さなければ……。

そこで、カメラを構えて復路バスの中からシャッターを切った。

動いていたので上部がカットされ、クロスがみえないものも

あるが、ごめんなさい、です。





教会


教会2


教会3


教会4


教会5


教会6


教会7


教会8


バスの右手に見えたもの。

順番にずらりと並んでいたので驚いた。

まさに、何もない地に計画的に建てたのだろう。

いろんなキリスト教の宗派の教会があり、それだけ信仰も多岐に

わたっていたと思われる。






西部開拓史にあるような話が現代でもあった。

先ず男達が住み、家族を呼び、学校と教会を造る。






ページはボート遊び、自転車のサイクリング、写真愛好家、芸術家、

もちろん観光のための旅行者の、人気スポットの中心にある。

ここで宿泊、食事、インディアン クラフトなどのお買い物を、と

パンフレットにあった。

どうぞ!!!








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんな教会は見たことありません@@。
厳かな雰囲気のある教会もありますが
どれもこれもファッショナブル。
十字架のマークのついたお洋服屋さん?
中に入るとファッション関係のお店でした・・・
のような雰囲気。
街がセンス良く見えますね・・・。

アンテローズさま

> どれもこれもファッショナブル。
> 十字架のマークのついたお洋服屋さん?
さすがファッションに敏感なアンテローズさん!

ヨーロッパのカトリック教会と異なり、ピューリタンの教会はプレーンです。
偶像崇拝もしないので、聖画やキリスト像もありません。

お洋服屋さん? フフフ、ハハハです!

No title

どの写真も見たことの無いものばかりで、
素晴らしいアメリカレポートに感嘆してます。

教会が8軒も並んでるんですか。。。
京都にお寺はたくさんありますが
ここまで並んではいませんよね(^^)
不思議な風景です。

mimozaさま

こんにちはー。
そちらは雨の影響は?
ブログを書かれているので大丈夫なのでしょうね、きっと。
こちらは雨らしい雨もなく、散水に時間をとられています。

> 教会が8軒も並んでるんですか。。。
> 不思議な風景です。
でしょう?
カメラを向けたくなる気持ちが解るでしょ。

No title

ゆっくりと時を刻んでいたであろうインディアン居住地。
大きな人口の流入と教会の建立。
この地の静と動が見てとれるマダムさんの記事でした。
Page開拓史ですね。アメリカはおもしろそう。
勉強になりました!

bluemoonさま

> この地の静と動が見てとれるマダムさんの記事でした。
静と動ですか、、、、
昔、観光でインディアンリザベーションに行ったとき、青年が踊りを踊っていたのを
正視できませんでした。
先住民についてはいろいろな話があり、のんきに観光なんてできません。

子供の頃無邪気に白人の作った西部劇を観ていたのですよ。
一方的な知識は間違った先入観を植え付けますね。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR