FC2ブログ

眠っている間にアメリカから日本へ



シンガポール航空に乗ったのは10数年ぶり。

サービスその他、評判は世界一だし、エコノミーに乗るなら

SQが座席のシート幅が他の航空会社よりも数センチ広い。




今回はツアーでSQのビジネスクラスを使った。

シート幅は76センチ、ベッド状態で幅は86センチにも。

全長193センチのフルフラットのベッドとなる。


機内


座席の背が前に倒れ、完全に水平になり、中綿の入った

シーツがついていて快適だった。

この個室空間に慣れるまで、つまりどこをどう操作するのか

慣れるまで時間のかかること!

写真は帰りで、一番前の席、窓際。


スチュワーデス


往きは夫と横並びだったが、隣の席にもかかわらず話をするのに

身を乗り出して近寄らなければならない。

間にはスライド式の仕切り板までついていた。

これは他人が隣にいる場合にはお役立ち!




枕、クッション、肌掛けがブルーでコーディネートされ素敵だった。




テレビの画面も大きく15.4インチ。




食事は前もって「ブック・ザ・クック」という予約も受け付けていたが、

搭乗してからでもよいのでは、と予約はしなかった。


ナプキン


まずテーブルクロスを掛けにくる。


ナプキン穴


ナプキンの、この穴が印象的だった。

この穴にボタンを通せば、殿方は衣類を汚さずにすむ。


雪だるま


次々に雪だるまを配ってゆく。

なに? これ、なーに?


塩コショウいれ


塩と胡椒入れでした。

食器たちのブランドはジバンシー。


サテー


前菜としてのサテー。

さすがはSQ、なつかしのサテーだった。

食事の写真はここまで。

ここまで撮るのも憚られたのですよ、、、、、。


パンフレット


7月1日からロサンゼルス往復便は機体が新しくなると宣伝。

最後のほうの、ちょっぴり老朽化した機体に乗ったようだ。

ユナイティッド航空をよく利用していたが、ここまで座席は

倒れなかったし、設備は劣った。

でも利用していたころは、ユナイティッドが世界一機内食に

お金を掛けていたころで、食事が楽しみだった。



今回のSQの食事、ひどいものだった。

サービスも一人ひとりにお盆を使ってサービスをするので、

時間がかかること、かかること!

お茶を頼んでも結局こなかった。

余りにも忙しそうで二度と頼めない雰囲気。

しつこいほどの「tea or coffee?」に慣れていたので、ちょっと、、、、ね。



機体などのハード面か、サービスなどのソフト面に期待するか、、、、、。

個人の希望もあるし、航空会社もウエイトをどっちにするのか悩むところ。



海外旅行も往復の機内の時間が長いと敬遠気味になる。

今回は食事の後すぐ眠り、「朝食です」と起こされるまでぐっすり。

映画も観なかった。



眼をつぶっている間にアメリカから日本へと移動できるのって、夢のよう!






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

SQは私の記憶ではとってもお食事がおいしくて
サービスも良かったけれど。。
これまでの空の旅で一番良かったのは
サベナ航空でしたよ☆
今ではとにかく安いもの!!これしか頭にありません。。
だって、、5人分の航空券の料金は、、、でしょ??

眠っている間に違う国!
これが一番の私の理想♡
マダムは私の理想をあっという間に
経験しちゃうんですよね。。いつも。。
羨ましいですよ~☆

ぼるんちゃん

> これまでの空の旅で一番良かったのは
> サベナ航空でしたよ☆
サベナ?? 名前も初めて聞きましたが、どこの国の会社でしょう。
あとで調べておきますね。
私が乗って面白かった一押しは「サウスウエスト」です。
国内線で短時間だったので食事のサービスは無かったのですが、ジョークの連発。
CAは短パンにポロシャツ!
私の過去記事にもあるのですが、とにかく笑ってしまいますよ。

> 眠っている間に違う国!
これ高齢者には必須条件ですよね。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR