FC2ブログ

庭に宿る家族の思い出


主のいなかった庭、、、、、、。

可愛そうなほど荒れてしまう。

だから旅行は冬に限るし、そうも言ってられないときは梅雨どき!





柘榴タコ


柘榴の実の子供ちゃん。

お弁当作りをしたことのある方なら一度は作ってみたウインナー

ソーセージのタコ。

ね、そっくりさんでしょ?

これが旅行に出かける前には、多いときで一日に2、30個は落ちていた。

ある程度落ちると数は減ってくる。





今年はお花も少なく、実になる数も少なそう。

今では落果は減ったものの、見上げる木には膨らんだ実はちょっと。





どうして落ちるの?

びっしりと花の数だけ実をつけると栄養が回りかね、あるいは実の

大きさも貧弱に、、、、。

そして木も重さに耐えかねるのかもしれない。

自然淘汰かも……と自分なりに妙に納得している。




ハナミズキ


こちらはハナミズキの赤ちゃんたち。

花のあとで、このような状態になる。


ハナミズキのみ


この1センチにも満たない実が、秋には大きく真っ赤に色付き、紅の葉と

ともに楽しませてくれる。





実のなる木は毎年、増減を繰りかえし「生り年」を迎える。

伐採してしまった柿の木も、娘たちが子供のころは、秋ともなると話題の中心に

いたものだ。

増築のために抜いたイチジク、虫がついて始末したグミ。

可愛かった姫リンゴの木。

みんな子供たちのリクエストだった。





そして子供たちも嫁いで行ってしまってもういない。

家の中はもとより、庭にも家族の温もりと思い出が詰まっている。

「お母さん、お母さん、、、」

「あのね、今日ね、、、」








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

すてき!すてき!!

あ、「生り年」ってわかります!うちでは今年はレモンがいっぱいです。
庭木に宿る楽しい思い出。すてきですね~♡
木の精たちも、きっと喜んでいますよ。
ハナミズキの実って、はじめて見ました。今度、よ~く見てみます。

おはようございます。

自然にも、よく目を配っていらっしゃるのですね。
私は恥ずかしいことに、農園を借りる前までは殆んど無関心でした。
つい数年前までです。
農園の近くにある里山を散策し始めて、木々や野草のたぐいに目が向くようになりました。
「生り時」。毎年観察していないと言えない言葉ですね。

自然は大きなサイクルで動いているものだと、思わされました。
改めて幅広い視野をお持ちの方と、感心しています。

おはなさま

レモンが生り年ですって?
今すぐ遊びに行きたい!
もしかしてアゲハさんたちに揺りかごを提供したのではなくて?

お花に詳しいおはなちゃん、さすが、反応が早いですね。

NANTEIさま

農園を借りていらっしゃるなんて素晴らしい!
自給自足、地産地消を実践できるのでしょうね。
麦藁帽子に入れた収穫後のお野菜、、、、絵になりましたね。

広い視野ではなく、興味深く好奇心満々だということです。
子供の頃から観察眼(しつこいとも)が鋭かった、、、。(これ自慢してもいいでしょ?)
勉強はだめでも、つまらないことをしっかりと記憶しています。
何かが足りなくても、何かで補っているのかも、、、、、、。ふふふ

No title

なんだか、うるうるときてしまいました。
実家の母も同じことを想っているのかな・・・。

生り年!?

こんにちは
いつも素敵なお話ありがとうございます!
恥ずかしながら、農村に住み長いのですが生り年って
初めて聞きました。
お子さんと共に楽しまれた実のなる木のお話!うらやましいです。。
家の子は大きくなってしまいましたが
今年、増えてきた桑の実を採ってきて渡すと
いつも、まんざらでもなさそうに食べてくれました。。
小さい頃は楽しむ余裕がなく、今更なのですが
これから孫に向け(^^;・・実のなる木増やしたいなぁと
思っています。。

haykichi さま

> なんだか、うるうるときてしまいました。
> 実家の母も同じことを想っているのかな・・・。
これを読んで私のほうがウルウルしてしまいました。
私も親元を遠く離れて寂しい思いをさせましたし、現在では娘を手放した身です。
どちらもよーく分かります。
なんといっても元気が一番、心身ともにね。 ガンバレー!

sakana74 さま

> 今年、増えてきた桑の実を採ってきて渡すと
> いつも、まんざらでもなさそうに食べてくれました。。
桑の実、、、、あとで調べてみますね。
すぐに「赤とんぼ」が浮かびました。
この歌は30歳で心細く外国に住んでいた私の胸に沁み込んで、
テレビの前で号泣しました。 (映画で流れていたのです)

どんな木を植えるのでしょうね。
そのときは、そっと教えてくださいね。

前後してしまいましたが、
虫との格闘の記事の後に読んだこの記事ではうるうるとしてしまいました(ρ_;)
子どもとの時間__
大切にしようと思います。
あ-、笑ったり泣いたり忙しかったw

くるみさま

来てくださってありがとう。

> 子どもとの時間__
> 大切にしようと思います。
そんな深刻な意味で書いたのではなかったのでこちらがおたおた。
そしてコメントを読んで、わたしがうるうるしました。

みなさんお母さんが恋しいのね、、、、、。  カワイイ!
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR