FC2ブログ

去る者は日々に疎し、本当です。

ひまわり
                            小岩井牧場のひまわり




ロサンゼルスに着いてすぐ、何も分からないわたしはあるパーティに招待された。

ホストだったご夫妻とその後も色んなパーティでご一緒になり、これからもっと

理解しあえると思った矢先、ご主人が事務所で倒れて帰らぬ人に。



次期インド大使の前評判もあった方で、大きな法律事務所のトップだった。

お別れ会はロサンゼルス郡立美術館で催され、弁護士になっている二人のお子さんの

スピーチもあり、故人の業績をたたえ、良き父であったと締めくくった。

まだ62歳、彼自身もこれからの人生を捨て、社会も大きな人を失った。



夫人とはお互いの夫が出張のとき食事を共にしたり、和風な飾り付けをしたからと

ランチにお招きしたりして楽しい時を過ごしたものだ。



ある日彼女に誘われてファッションショウに。

お洋服はそっちのけで、

「日本でも美容整形って流行っているでしょ?」

「ええ、でも芸能人だけでしょうね」

彼女は驚いていた。 アメリカではお金持ちもするものらしい。

「ほら、あそこのあの人。鼻を低くしたのよ」

わたしは高くした、の聞き間違いではないかと思った。



ユダヤ人などは大きな鼻が特徴で、気にしているらしい。

そこでダウンサイズにする。

胸だって大きすぎるのは垂れてくるわけで、小さくする リポサクション。

できれば鼻を高くしたいし、胸だってボンッと出せるものなら出してみたい。

広い世の中、反対の要求もあるのだと妙に感心。



背の高い彼女はパーティにはいつも黒いスーツを着ていた。

「黒だとカチッとした印象でいいわね」

「ニューヨークのパーティではみんな黒、黒一色だったのよ」と彼女。



わたしがLAの生活に慣れて忙しくなると、逆に彼女は社交界から姿を消した。

パーティが夫婦同伴のせいもあるが、色んな団体の役員をしていたご主人を失くし、

出る機会がなくなったのだ。



インドに駐在していた期間が長く、大のインドびいきで通だった。

ビバリーヒルズのお宅に伺うとお香が立ち込め、キャンドルが普通の家よりはずっと

多く揺らいでいた。



「去るものは日々に疎し」でわたしはどれだけたくさんのお知り合いを失ったことか。

海外で親しくなった場合はその後のお付き合いが難しい。

だからわたしは、生活をしていた場所を離れたときが、自分が死んだときだと思うのだ。

ちょっとの間寂しいと思ってもらえたとしても、すぐ忘れられてしまう。

そして何事もなかったように時計はまわる……。



会いたい人がいたら連絡を取りましょう。

まめに行動を起こすことで線は繋がってゆきます。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

卒業以来 会っていない友人たち。
遠方にいるお知り合い。
賀状で 細く長く繋がって 時がたつほどに
懐かしく慕わしくなってきました。
繋がっていく 一歩、大事ですねぇ。


呼福さま

> 繋がっていく 一歩、大事ですねぇ。
知人にとってもまめな方がいます。
そのまめさが、たくさんの友人をキープしているコツだと思いました。
いつか、とそのうちに、は無し!
連絡を取りそびれて、お亡くなりになった先生が3人も。
後悔しています。
会いたくなったらすぐに行動を!!
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR