FC2ブログ

久しぶりにブリッジクラブへ



ブリッジをしているというと、たいていの方にセブンブリッジかと思われる。

小学1年生だった孫との会話。

「明日ブリッジに行くから今日は早く帰らないと」

「えー、誰とするの?」

「お友だちとよ」

新体操をしている彼女は、わたしがたくさんの友人と一緒に蝦反りをしているかと。




ブリッジはブリッジでも コントラクトブリッジ

パートナーと組んでカード(トランプ)を使い二組で競い合う。



去年の秋、10年来のパートナーが故郷へ帰ってしまい、わたしはそれ以来

休んでいた。

パートナー選びが難しいので、気が重く出かけられなかったのだ。

わたしたちのペースは月に2、3度と決めていたが、諸事情で1度の日も多く、

経験と継続が大事なゲームなので成績はサッパリ。




お誘いを受け、気持も整ったので昨日久し振りに出席。

80人の出席者があり、2グループに分かれてプレイとなる。

40人で20組を作り、順位を競うのだ。


ブリッジ


15年くらい前までは海外帰国組みがほとんどだった。

その方々の尽力で現在ではブリッジ人口が増えてきているようだ。


ブリッジボード


4人で卓を囲むのはマージャンのよう。

こちらはお金を掛けないし、時間もいつでも止められる。 (試合でなければ)


本ブリッジ


最初は ビバリーヒルズ ハイスクールでレッスンを受けた。

この時に使用した教科書。 もう1冊は貸し出し中。


見開きブリッジ


書き込みに熱心な勉強の跡が見える、、、、、?

初級と中級と間を置いて2度授業を受けた。 1タームは10回のレッスン。

授業は受けても練習が伴わず、腕は遅々として上がらない。





懐かしい方々にお会いし、気持ちよくプレイもでき、楽しい一日だった。

小説の執筆のためチャイナペインティングも、フラのお稽古もやめた。

ブリッジだけは続けて社会への窓を開いておかなければ……。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

コントラクトブリッジをする場面を小説で読み 早速 教則本を買ったのですよ。20年も前のことです。 
一人で本を読んでもちっとも分からず すっかり忘れていました。
老後の楽しみになればと思ったような記憶が・・

マダムは よいお仲間がおられていいですね(^^)

呼福さま

> コントラクトブリッジをする場面を小説で読み 早速 教則本を買ったのですよ。20年も前のことです。 
教則本、、、、私は今でもフーフー言いながら読んでいます。 奥が深すぎて!

> 老後の楽しみになればと思ったような記憶が・・
なりますよ。アメリカでは車椅子の人、手が震えてカードを持てない人も。 (専用のスタンドがあるのです)

> マダムは よいお仲間がおられていいですね(^^)
呼福さんこそ、恵まれていらっしゃいますよ~。
最近ではステンドグラスの方。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR