FC2ブログ

小さくてかわいいデミタス -2-


ベリーク(Belleek)社の「ネプチューン」デミタスのご紹介。

デミタスとはフランス語でデミは半分、タスがカップ。

よってデミタス カップだとダブってカップと言っていることになる。

でも気にしないで使ってもいいのでは?

フラダンスもフラとは踊りというハワイ語だから。



ベリーク


写真のカップ&ソーサーの色は乳濁色もしくはパールベージュ。

カップの中と取っ手の部分は黄色味がもう少し濃い。

この優しいクリーミーな色はわたしの技術では表せません。


ベリークカップ


脚は巻貝で取っ手は珊瑚を模している。


皿


直径が11センチの小ささ。


皿アップ


貝の模様が刻まれているが撮影技術が未熟で表現できなかった。


裏印


裏印、ベリークのマーク。

いろんな色があり、一時期黒マークが貴重だと言われていたが、新しい

ものに黒マークもあると判明、この説はなし。



あるアンティークショップでピンクの縁取りをしたトレイ付きのセットを見つけた。

ほしくて、ほしくて、、、、、勇気をもって眼をつぶって帰った。

お値段からするととってもお買い得だったけれど、ね。 お分かりになるでしょ?




  参考:

   ベリークから派生したレノックスによく似たデミタスがある。

   それも可愛さはあるが、ベリークのほうが繊細さがある。

   そのうちアップする予定です。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

白秋マダムさん こんにちは。

いつも覗いていただいて有難う御座います。
さて、人生の白秋期とはいくつからいくつなのか、
色々調べておりましたがはっきりした答えは
見つかっておりません。
ご教授戴ければ幸いです。

また、北原 白秋のネームの由来もご存知でしたら、
お教え下さい。
多分、私も白秋期に入っているのだと思います。

シッタレさま

こんにちは。
暑い夏の上、降れば土砂降りでそちらも大変ですね。

白秋について
諸説はありますが簡単に
青春・10代後半から30前半  朱夏・30後半から50前半 白秋・50後半から60前半  玄冬・60後半以降

私は人生100年として(大いに希望ですよ)白秋期は60過ぎてから75まで、と捉えたいと考えます。
社会人として卒業し、あとは自分磨きのために生きてゆける。
健康であれば人生最高の至福のときでしょう。

> また、北原 白秋のネームの由来もご存知でしたら、
> お教え下さい。
以下ウエブより検索したものです。

『城ヶ島の雨』で一般に親しい詩人、北原白秋は明治18(1885)年、福岡県柳川市に生まれた。家は代々柳河藩御用達の海産物問屋と酒造業を兼ねていたが、16才のとき大火で酒蔵が消失、没落のもととなった。

 その年(中学4年生)、友人たちと「文学会」を結成、「逢文」という回覧雑誌を発行したが、筆名はそれぞれ「白」の下に一字を置く趣向とし、くじ引きで決定することにした。「白葉」や「白月」もあったが、彼が引いたのは「白秋」だった。

 その後「薄愁」「射水」などのペンネームも使用したが、明治末より白秋に統一した。雅号として「紫烟草舎」も用いている。

お答えになりましたでしょうか。

勉強になりました

シッタレさんへのお返事で、とても勉強させていただきました。
なるほど。
伊能忠敬は56歳で
念願の全日本地図を作り始めたそうですから、
現代換算すると、マダムはまさにこれからが
「自分磨き、人生最高の至福のとき」なんですね。
すばらしい!!

私は難病のため年齢より15歳ほど老化が進んでいるそうです。
今からがんばれば取り戻せるのかどうか、それは不明ですが、
少なくとも、このまま朽ちるつもりはありませんから、
今は闘病生活に甘んじつつ、心の肥やしはしっかり蓄えて、
心願成就のチャンスの到来に備えたいと思います。

マダムのブログで、これからも、
良いものをたくさん拝見するのが楽しみです。v-344

おはなさま

こんばんは、おはなさん。

> シッタレさんへのお返事で、とても勉強させていただきました。
> すばらしい!!
ええー、読んで下さっているのですね。

> 私は難病のため
直すに難しい病のようですが気持の持ち方でもずいぶんと違うと聞きます。
細胞の一つひとつが反応をするとか。
うちも母と夫が不調なので祈っています。 おはなさんも加えましょうね。

> 少なくとも、このまま朽ちるつもりはありませんから、
そうですよ、自分の心の持ち方次第!
おはなさんの生け花に対する情熱と技術、知識を今後も生かしていかなければ勿体ない!!

> 良いものをたくさん拝見するのが楽しみです。v-344
いつも上昇志向ですごいですよ。
私も衿を正して頑張りましょう。 おはなさんを意識してね。

No title

白秋マダムさま 今晩は。

早速ご回答戴き誠にありがとうございました。
コメントにあった「おはな」さんのBlogにも、
お邪魔させて貰いました。

いけばな界の様子が伺えて参考になります。
時々訪問させていただきます。

Re: No title

> コメントにあった「おはな」さんのBlogにも、
> お邪魔させて貰いました。
これこそブログの楽しさですよね。
興味のあるところ、次から次へと広がってゆく、、、、、。

> いけばな界の様子が伺えて参考になります。
> 時々訪問させていただきます。
是非ぜひ、とっても勉強になりますし、おはなさんの精神力に励まされますよ。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR