FC2ブログ

和の感じでまとめてみました



和風のパッチワークに挑戦!

ある名誉ある賞をもらった従姉に膝掛けを贈ろうと思い立って。




一人っ子のわたしには姉のような存在で、慕い憧れたものだ。

遠く離れて住んでいたし、しょっちゅう会っていたわけではない。

それでも何度か東京の大学から帰省するとき、途中下車して寄ってくれた。

中学生だったわたしは従姉の一挙手一投足を見守って尊敬!




お古の洋服が回ってきたときは、しばし眺めてうっとり……。

胸周りが大きすぎて困ったことを覚えている。




パッチワーク


サイズは 6x10 センチ

ベースに和服の残り布を使う、もちろん買い足したほうが圧倒的に多いが。


パッチ2



パッチ3


母の羽織、夏の呂の着物地も見える。

特大版の膝掛けなので炬燵で転寝をするときにも役立つし、、、、、。

あ、従姉は転寝などしない人だった……。




わたしは炬燵があると転寝をしてしまうので、冬の風物詩はとっくに廃止。

海外にいたころ娘たちがよく話していた、「炬燵でみかんが食べたいな」と。

海外に住んだ後はやたらと和風の家が恋しく、家を建てるなら純和風で!

そう、家の周りに白壁に瓦を載せた塀を、、、、。




空想はエスカレートし、三階部分を天守閣のようにしてみたい。

門からは和風庭園を眺めながら歩き、横にそれれば枝折戸から茶室へ。




なーんて、和とも洋ともつかない家のソファに座り夢見ている。

もう宝くじにでも当らない限り、この夢の実現はない。

ましてやくじを買ってもいないのに、ね。 ふーっ!






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

尊敬!

絞りに菊の文様は、小紋でしょうか。
縞の着物にも憧れます。

私も最近、母の黒絵羽羽織をもらいました。
最近は長羽織がはやっていて、あれはどうもぴんときません。
母のは、丈が短くてきりっとしていて好きです。
着たいのですが、羽織としての出番が来るかどうか。

鋏を入れたマダムの思いきりの良さを、尊敬します。
手作りは何よりのプレゼントですね!!

おはなさま

> 私も最近、母の黒絵羽羽織をもらいました。
> 最近は長羽織がはやっていて、あれはどうもぴんときません。
お詳しいようですね、着物のこと。
> 母のは、丈が短くてきりっとしていて好きです。
文化の日にお茶会に行くのですが、羽織なのか道行なのか、、、、お天気次第ですね。
> 着たいのですが、羽織としての出番が来るかどうか。
娘たちは背が高くて私の着物が合いません。
母のは私にはちょうどいいのですが、、、、。
娘たちはお茶会に行く時、まわし着しています。

> 鋏を入れたマダムの思いきりの良さを、尊敬します。
残り布ですよ。
着物をあつらえた時に、残った布がもらえていたので。
まだまだ鋏は入れられません。
母の着物は今の私にも地味なものがあり、昔の人は地味好みだったのかな、あるいは
世間が許さなかったのか、、、などと思います。
袖の裄、たくしの部分など、布を足して着られると私の着物も生きてくるのに、、、、残念です。

No title

大作の膝掛けですね♪
お母様の着物を解いての制作となれば
縫いながら想い出が蘇ってきたのではありませんか?
形を変え再び日の目を見ることが出来るのも
マダムさんのコマメさがあればこそですね。

最近、加速度的に老眼が進み
縫い物との縁がどんどん遠くなっていきます(^^;)

mimozaさま

> 大作の膝掛けですね♪
大判で小さな毛布といった感じです。

> お母様の着物を解いての制作となれば
ではなくて、着物をあつらえた時の残り布です。
まだ偶に着物を着て出かけるので、母の着物も出番があるのです。
とても地味で昔の人は早くから大人、というか年をとっていましたよね。

> 最近、加速度的に老眼が進み
> 縫い物との縁がどんどん遠くなっていきます(^^;)
私は近視のせいか、まだ老眼ではないのですよ。
死ぬまで老眼にならない人もいるとか。
私もその部類に入りたい、、、、!

被災地への奉仕活動、ご苦労さまです。
私も来月末、ちょっとしたチャリティに参加して義援金を集めます。
地域活動も含めて新しく会を立ち上げたのですよ。
寒くなるので支援も必要なようですね。

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR