FC2ブログ

雅趣にとむ お茶の花



お茶の木に花が付き、実がなり、、、、、。

また1本の木に繰り広げられるお花の一生。

時間差もなく、変化を見せてくれている。




下を向いて咲く、ふっくらと膨らんだ純白の花弁。

金色のしべは豪華で豊か。

気品があり、顔を寄せるとひっそりと香る。


茶 蕾


茶2


茶3


茶4


茶5


茶の実


実弾けそう


弾けた


あまり生け花に使われないのは、おそらく茶室に生けない禁花の名残りからだと

本で読んだ。

枝振りがよく、曲がりが面白いので一輪挿しにすると風雅なおもむきがある。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

先日は茶会の記事を拝見して、
驚いたばかりですが、
今日のお話しはまた華道の嗜みも、
なみなみならぬものと思いました。

私は茶華道の家で育てられたくせに、
一切その片鱗さえ受け継がぬ無風流な人間になってしまいました。
主を失った夥しい茶器、花器は全てお弟子さんたちに譲り、
あるいは菩提寺に寄付してしまいました。

今頃になってあれはどれくらいの価値があったのだろうか、
などと卑しいことを考えたりします(苦笑。

お茶の花、近くに寄って見たことはありませんでした。
そんなことから、妙な話を書いてしまいましたが、
お笑いあれ・・・。

NANTEI さま

こんばんは、温かい日差しに包まれると幸せが込み上げてくるようです。

> 私は茶華道の家で育てられたくせに、
> 一切その片鱗さえ受け継がぬ無風流な人間になってしまいました。
まあ、、、男点前はかちっとして拝見して清々しいものがありますのに、勿体ない。

> 主を失った夥しい茶器、花器は全てお弟子さんたちに譲り、
> あるいは菩提寺に寄付してしまいました。
よく聞くお話ですよね。
それにしても夥しいには心を揺さぶられました。
勿体ない、、、、、なんて私もつい貧乏性とケチな気持ちが咄嗟に。
先日も友人に、亡くなった後はどうなるのかと、心配事を聞かされたばかり。
「普段惜しげもなく使ったら? たとえばキムチを入れても、、、」なんて言って
にらまれました。フフフですね~。

> 今頃になってあれはどれくらいの価値があったのだろうか、
> などと卑しいことを考えたりします(苦笑。
美術館に寄付したほうがよろしかったのでは?
でも故人を偲んでいただく縁になりますもの、良い選択だったと思います。
価値の判る方のところでこそ活きるでしょうから。

> お茶の花、近くに寄って見たことはありませんでした。
> そんなことから、妙な話を書いてしまいましたが、
> お笑いあれ・・・。
狭い自宅の庭ですから、目がよく行き届くのです。
お茶の木は今の時期、一つの木で一生が見られます。
子供の頃からじっくり観察するのが好きでした。
内緒の話、電車でもさり気なく人間観察をしております!

お越しくださって嬉しいです。長いお喋りを楽しみにお待ちしています。

No title

お茶の花をじっくりと見たのは
初めてでした!
実はマダムの記事を母と一緒に
読んでいるんですよ!
母は実家にあったお茶の花を思い出して
感激してましたよ☆
マダムの記事はいつもお勉強になることばかり!
本当に大好きです♡

ぼるんちゃん

こんばんは。
> 実はマダムの記事を母と一緒に
> 読んでいるんですよ!
まあ、ありがとうございます。
私よりお若いとは思いますが、同じ母親として親しみを覚えます。

> 母は実家にあったお茶の花を思い出して
> 感激してましたよ☆
ふとしたところに思い出を見つけるのでしょうね。
娘が幼稚園の帰り道で拾ったものが大きくなったものです。

> マダムの記事はいつもお勉強になることばかり!
> 本当に大好きです♡
あらあら、嬉しいこと!!
お母さまによろしくお伝え下さいね。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR