FC2ブログ

ホキ美術館にて  -1-




千葉市のあすみが丘にある「ホキ美術館」。

最寄の駅はJR外房線「土気」(とけ)駅で下車、徒歩20分。




昨秋オープンした美術館で、日本初の写実絵画専門館。


看板


ホキ建物


雑誌の切り抜き


案内






わたしの印象に残った好きな絵は、

ホキ女性


生島 浩の描いた若い女性。

この女性に魅せられて佇むことしばし。

画家が頼み込んでやっとモデルを承知、しかもこれ一枚きりで断られたそうだ。

そういったエピソードがまたこの女性のお育ちの良さをうかがわせる。


ホキ女性のアップ




親戚に俗にいう「手タレ」、手指だけ写るタレントがいる。

若いときだけのアルバイトで、バブル期は大会社の重役級の収入があった。

脚もきれいなのでモデルになって脚を写させた。

このときの父親の台詞、「そこまでだよ」と。




わたしの父も人前でさらし者になるな、と言っていた。

高校生のとき、お祭りで山車の上に乗る役も断ってしまった。





美術館で何よりこの若い女性と説明書きが印象に残ったので……。

本題は次回に譲ります。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

美しい

白秋マダムさん こんにちは。

画家の方が頼み込んだというエピソードに
納得の美しいモデルさんですね。

惚れ込んで描かれたのだろうなぁというのが
絵から感じられます。

女性の美しさの要素として神秘性があると思います。
最近の女優さんたちはなくなりつつあるようですが・・・

yoshiko さま

> 画家の方が頼み込んだというエピソードに
> 納得の美しいモデルさんですね。
美しい人を放っておけないyoshikoさんらしいですね。
凛とした佇まいと知的な目、、、、。
納得してくださって嬉しいです!

> 惚れ込んで描かれたのだろうなぁというのが
> 絵から感じられます。
しかも意志のしっかりした女性だと感じられますよね。

> 女性の美しさの要素として神秘性があると思います。
> 最近の女優さんたちはなくなりつつあるようですが・・・
本当に、、、、隣のオネエサン的な女優さんは女優の範疇に入れたくありませんよね。
最近の映画を観ていないので、ブログを拝見するのが楽しみです。
yosikoさんのフィルターを通してお勉強しましょ。

No title

本題、、待っておりますよ~!!
女性の表情に憂いもあり余裕もある。。
こんな女性になりたかった。。。
私には余裕も風格も無く品もないので。。
これから少しでも修行しながら
品の良い女性に近づきたいのですよ~!!
まるでマダムのように☆
もしかしてこのモデルはマダムのお若い頃に
似ているのでは??
きっとマダムは美人でしょうから。。羨

ぼるんちゃん

> 女性の表情に憂いもあり余裕もある。。
> こんな女性になりたかった。。。
> 私には余裕も風格も無く品もないので。。
いつか劣等感の塊だともご自分を表していましたが、考えすぎですよ。
私も若い頃は全てに自信がなく、他人がみな素晴らしく見えたものです。
でもね、ただ、謙虚さだと受け取っておき、いいことだと思いましょう。
思い上がっている人より ずっといいことですもの。

今までのブログとコメントの交信から、ぼるんちゃんは素晴らしい女性だと思っていますよ。
更に上を目指していらっしゃるのなら結構なことですが。
私と似て、V字回復するくせに落ち込み方がひどい、、、、、ってことはありませんか?
間違っていたらゴメンナサイね。

> もしかしてこのモデルはマダムのお若い頃に
> 似ているのでは??
とんでもない! 私と対極になる女性です。
ただとても惹かれてしまったのです。
マダムと呼ばれるのが私の理想ですよ。
アメリカで言われると有頂天になりました、たった一回きりだったのに。
お互いに向上心を持って暮らしましょう。 

共感!

すばらしいです。
大賛成です。v-344

おはなさま

まあ、記事を後戻っても読んでくださっているのですね。嬉しく、光栄ですわン。

> すばらしいです。
> 大賛成です。v-344
おはなさんも素晴らしい女性ですよ。
追求心が旺盛で、まっすぐに見据えた道を歩いていらっしゃる……。
義から外れると落ち着かない。
細やかな気配りと自分を冷静に観察し、許しの心も持ち合わせている、、、、。
なかなかこういう女性は少なくなりました。
現在では小説の世界にだけ存在しているのでは?

元気になったらピクニックに行きましょう、おにぎりを持ってね。
青空の下で空を仰ぎ、何もかも忘れて時を過ごしましょうね。
♪そうなったら いいのにな、そうなったら いいのにな♪
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR