FC2ブログ

デミタスカップ -5-

ヘレンド

ヘレンドのデミタス  (アボニーシリーズ)







ヘレンドやマイセンで手描きと謳っていても、シリーズによっては下絵は

プリントで写しておいて着彩。

これもフリーハンドで絵を描いているかと思いきや、、、、、でがっかりしたものだ。




これはハンガリーのアボニー伯爵の注文に応じて作られたもの。

シリーズ「インドの華」を土台にして急ぎの注文に間に合わせたという。

全7色でピンクとグリーンが人気である。


ヘレンド カップの裏側


このカップはデミタスでハーフサイズ。 カップの径は7.3センチ

コーヒー用ではなく紅茶用かと思われる。

カップの中にある小さな小花は手描きかもしれない。

上から描くために花が逆さになっており、同じ小花は皿の裏側にも描かれている。


ヘレンド皿


金彩が施され、謙虚に豪華さを演出。


ヘレンド裏印


この裏印もアンティークになり、現在は筆記体で大きな横書きサイン。


ヘレンド裏


19C に使用されていた裏印 (記号 g)


ヘレンド裏2


ここに書かれている説明は、

    ハンガリーのヘレンド社のもの

    磁器でマークはグリーンで描かれている

    このマークは1891年から1897年まで使用された

           (このシリーズは1832年から現在まで存続)




裏印は本で調べるととても楽しい。



    
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

早速覘かせて頂きました。
昨日はお話、楽しかったです。
今日はチラッとですが又ゆっくり拝見させて頂きます。
綺麗なものが沢山のブログを拝見して、
色々お勉強させて頂くのが楽しみです♪




ソフィアさま

こんばんは
> 早速覘かせて頂きました。
ご訪問、うれしいです。
お若い方とお知り合いになれて、こちらこそ楽しい時間でした。

偶然ってあるのですね~
またね、、、、。

No title

こうやって色々と調べてくださる
オーナーの所に来る事ができた
アンティーク達は幸せですよね~♪
私も将来はマダムのようにアンティークを集めるのが
夢なんですよ!
いつになることかしら??汗

ぼるんちゃん

> こうやって色々と調べてくださる
> オーナーの所に来る事ができた
> アンティーク達は幸せですよね~♪
私こそ幸せにしてもらってます。 見つけた悦びは最高ですよ。

> 私も将来はマダムのようにアンティークを集めるのが
> 夢なんですよ!
では先ず「マークブック」を買ってくださいね。
ショップで見つけたら家に戻って調べてから買うのもいいし、即買ってから
家で調べるのも楽しいですよ。

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR