FC2ブログ

船の座礁事故に思う





船の遭難


イタリアの豪華客船の座礁事故。

真相解明が急がれるし、興味津々の事故である。




こういった事態を想定していなかった??

どこかの国の役人言葉と同じですね~

まったく緊張感が感じられない。

わたしたちは船長、運転手、機長に命を預け、安全を買って乗っている

のだからプロとしてきっちりと働いてもらいたい!


傾斜



船長


船長の言い分に正義はあるのだろうか。




もう15年位前の話になるが、パナマ運河をこの目で見てみたいとクルーズに。

船籍は北欧のどこかの国、オーナーは日本の会社だった。

船長はアチラの方で、機関士長は素敵な日本人。





わたしたちはアカプルコから乗船した。

乗るなり集められて(それぞれ乗船する場所が異なる)、救命器具の使い方や

避難路の説明、ボートの位置の確認があった。




日本人はたまたま わたしたち夫婦だけだったが、呑気に楽しく過ごしたものだ。

今回の事故を見て、ちょっと考えさせられた。




飛行機をよく利用し、車の運転が欠かせない娘に万一の事故を考えないかと聞いた。

「だからって避けられることじゃないし、何かあったらそれも運命じゃない」と。

すべてを受け入れる のだという彼女の台詞に励まされることもある。




一抹の不安を胸に旅行しますか?

万一のことを考えて覚悟のうえ旅に出かけますか?

    プロはプロたれ ですよね。







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ですよねえ。。。まったく。

私は海外では乗ったことがなく
清水から横浜までしか。。。
でも楽しかったですねえ。。
お食事が美味しくて。。

しかし。亡くなった方・・お可哀想に。。
今回の事故の時にタイタニックの遺族の子孫が
いらしたそうですよお。
ニュースでやってました。。

ちわわんさま

> ですよねえ。。。まったく。
ご賛同ありがとうございます。(笑

> お食事が美味しくて。。
すべて、どこへ行っても只で、下船するころにはみなさん ふくよかになっていました~

> 今回の事故の時にタイタニックの遺族の子孫が
> いらしたそうですよお。
まあ、運命的なものを感じますね。
無事だった方もどんなにか怖い思いをなさったでしょうね。
私は閉所恐怖症なので、、、、。
水に閉じ込められたら発狂しそうです。

No title

昔友人のフランス人がクイーンエリザベス号で
働いていた時に大きな嵐が来たときの
写真を見て驚きそして恐ろしく感じました。。
船での世界旅行ももちろん夢ですが
私にはちょっと怖くてできないかもしれません
今回亡くなった方達のご冥福をお祈りします。。。

マダムのアカプルコでの旅行記も聞いてみたいです!

ぼるんちゃん

> 働いていた時に大きな嵐が来たときの
> 写真を見て驚きそして恐ろしく感じました。。
でしょ?
海の中って計り知れない世界ですよねぇ。

> マダムのアカプルコでの旅行記も聞いてみたいです!
メキシコの地には4回足を踏み入れました。
食事はあまり好みではありませんが、音楽や楽しい民族性は好きです。
それと解りもしないのにスペイン語が大好きです。
なぜか真似しやすくて……。(笑

No title

またまたお邪魔します。コメントのコメント。
私もスペイン語大好きです!わかりもしないのに。(爆笑)
なぜか、あの言語はツボにはまりますね。
若いときラテン音楽が大好きで、
カタカナで覚えられそうな音と、単純で情熱的な歌詞に憧れて
スペイン語に挑戦しましたが、文法で挫折しましたよ。

マダムのアカプルコでの旅行記、私もリクエストしたいです!!

No title

私も閉所恐怖症のところがあり
地下街もあんまり好きではありません。

昔豪華客船の船底に閉じ込められて・・
っていう映画がありましたが。

ああいううのも駄目。。

発狂しそうです。。。

No title

私も10年ぐらい前までは船旅をしてました。
夜、パーティーの時は船長さんまでステージに上がるので
大丈夫か?と思いました。
北欧の会社でしたが、翌年船火事が有ってゾッとしました。
海上での事故は乗船客の安全を最優先して行動してほしいですね。

おはなさま

> なぜか、あの言語はツボにはまりますね。
そうでしょう?
だったら「黒いオルフェ」を聞いてみて~、、、、笑えるから。
「♪タンボニ タマニャー」
「♪、、カタコルデヨ」
これ聞いて吹き出しますよ。

> マダムのアカプルコでの旅行記、私もリクエストしたいです!!
ところが何も印象に残っていないのです。
この旅のほかにアカプルコに2泊旅行したこともあるのにね。
とにかくマリアッチを聞き、テキーラを傾けたことくらいしか、、、、。
プエルトリコならいい気分になった思い出がありますが。

ちわわんさま

> 私も閉所恐怖症のところがあり
> 地下街もあんまり好きではありません。
エレベーターも緊張して乗っています。
飛行機のトイレが怖い!
で、このクルーズはベランダのある部屋にしました。
お高くて、一回きりと思って乗船しましたよ~
完成したばかりの「クリスタル・シンフォニー」です。
人気の船で現在は「セレニティー」もでき、一段と豪華に。

私が映画をよく観ていたのは機内ででした。
あそこではビデオを観るしか用事がなかったので。(古い話ですね)

太巻きさま

> 私も10年ぐらい前までは船旅をしてました。
荷物の移動がなくて楽ですよね。
もう一度行きたいと思ってはいたのですが、今回の事故。
私、、、、泳げません!!!!

夜、社交ダンスを踊ったのがよい思い出です。一度きりでしたが。
夫が踊れないので独りで行くと、ちゃんとお相手をしてくれるおじさまが3人も。
タキシードを着てね。
私は機関士長さんがお相手をしてくださって、、、、。
3年もダンスの個人レッスンを取っていたのに、綺麗に踊れませんでした(クスン

怖いですね

マダムこんばんはー。

イタリア豪華客船の座礁事故・・・
豪華客船を謳っていながらのお粗末な事故で
プロとしての誇りはないのでしょうか・・・

船旅は経験がありませんが、飛行機に乗るとき
「落ちる」なんて思いもしないですけど
マダムの娘さんのように不測の事態が起こった時
『何かあったらそれも運命じゃない』なんて思える根性は無く・・・

さすがマダムの娘さんですね。

yoshikoさま

> 『何かあったらそれも運命じゃない』なんて思える根性は無く・・・
夫が2回、私が一度、娘も出発前に機内から降ろされたことがあります。
機械の不具合だったのですが、無事に着いたときは拍手が起こるのですよ。
海外で暮らしていた頃は、畳の上で死にたい、、、なんて思ってました。(笑

> さすがマダムの娘さんですね。
上の子はちょっと普通の子とは違う雰囲気を持っています。
経歴も面白いのですよ。

yoshikoさんにお子さんはいらっしゃいますか。
今までのところ、生活を感じる手掛かりもないので、、、、、。
でも夢を抱いたままのほうがいいかも、ね。ミステリアスで。

楽しい船旅

白秋マダム様
船旅の話なので出てきてしまいました。

わたしは日本発の日本帰り、香港まで
10日間の船旅でした。
日本丸、船長さんも日本人でした。
(スタッフにはフィリピン人の方が多かったですが)
日本国籍の船だからでしょう、大浴場があって、
窓からはどこを見渡しても海海海!
5月の連休中だったので菖蒲湯にしてあって感激しました。

そんな良い思い出しかないので
今回のイタリー人船長以下クルーが我先に逃げた、という
のが信じられません。

飛行機は乗って激しくゆれたりすると心の中で観念
しますが、怖いです。
お嬢様のような大きな肝が欲しいところです。

ではまた。

No title

こんにちわ~~♪
豪華客船でクルージングって憧れです。
一度は行ってみたい!なんて思ってましたが 
きっと映画のタイタニックみたいなことが起こったのかも
と思うと躊躇しちゃいます。
マダムは経験されたのですね。いいなぁ~~~♪
ドレスコードとかあるとお荷物多くなりますよね。
私は東京湾クルーズくらいで我慢しておくことに。。。

すっとこさま

> 船旅の話なので出てきてしまいました。
なつかしいお名前です~

> 今回のイタリー人船長以下クルーが我先に逃げた、という
> のが信じられません。
以前インドネシアのガルーダ航空機が福岡に不時着?したとき
CAたちが真っ先に逃げたという事故がありましたね。

結構、教育が行き届いていない乗り物のスタッフは多いのですよ。
飛行機が成田に霧が発生して着陸できなかった時。
しばらくしてCAのアナウンスが、、、、それもしどろもどろの英語で。
成田の霧は珍しくもなく、それくらいマニュアル化しておけば、、、なんて思いました。
羽田へ向い、私は富士山を3回も見ました。この時点ではまだ何の説明もなかったのですよ。
結局 成田へ戻れたのですが。

電車でも止まってしまったときのアナウンスの遅いこと!
原因を調べています、だけでも言ってほしいですよね。
一度九州への旅で往きと途中と2度も人身事故にあい、列車はストップ。
観光地で見物する時間が足りなくなって とても印象が悪いのです。

> お嬢様のような大きな肝が欲しいところです。
そうなんです、あの娘はオオモノかもしれません。(冗談

> ではまた。
ほんと、、、またいらしてくださいね。

りんださま

> 豪華客船でクルージングって憧れです。
結構 年配の方が多いですね。
友人が40代後半のときに乗っていて、夕食で同席したある日本人女性に
「あなた、従業員?」って聞かれたと、怒っていました。
友人はお兄さまが急用で行けなくなり、代わりに乗船したのですよ。

いつかは きっといらしてね、とても楽しいですよ。
私は本を10冊持っていき、一冊も読みませんでした。
とにかく船が観光地に着いても、下船しない人たちも充分楽しめるのです。

カジノ、映画館、劇場、ダンスホールが2箇所、ブリッジルームで40テーブル、
図書室、ジグソーパズルの部屋、、、、思い出すだけでもこのくらい!

> きっと映画のタイタニックみたいなことが起こったのかも
> と思うと躊躇しちゃいます。
私も、今回ばかりは怖い気がしました。

> ドレスコードとかあるとお荷物多くなりますよね。
予定表が前もって渡され、フォーマル、セミフォーマル、カクテルドレス、
60年代の格好で、、、、なんて。
洋服に合わせて靴やバッグも揃えるでしょ、荷物になります。
でも冬物ではないので大丈夫ですよ。

一度きりなら、そして体験の意味なら豪華なものになさるといいでしょう。
スイートルームを取っていた方に招待されてお部屋に行くと、、、、凄い!
執事も一人ついていました。(でも最高クラスではない)

食事のテーブルは夕食は 毎回同じメンバーです。
お部屋のいいほうから中央に位置し、最高の部屋の人たちのところには船長が列席。
私たちはその次の輪でしたが、オーストラリアとダラスからの大金持ちとご一緒でした。
前もって伝えておけば、船内にあるレストランで食事も出来ます。

アカプルコから乗船し、カリビアン・クルーズをしてプエルトリコで下船。
何と言ってもパナマ運河の素晴らしさ!
人類の英知、驚くばかりの知識の集約地でした。


プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR