FC2ブログ

花が春を満喫する、、、、




上総の国から連れてきたポピー!

暖かくなったためか急に花びらがはらはらと散った。

その前に写真にとっておいたので思い出は繋がる。


ポピー


黄色やオレンジ色の美しいポピーはアイスランドポピー

蕾のときははにかんだように下を向いているが、花が咲くときはきっちりと上を向く。


ポピーアップ


うすーい紙をしわくちゃにして作ったようなお花


ドーム花瓶


ドームの花瓶の横に置いて較べてみた

花の大きさはほぼ同じ


ドームアップ


この花瓶は陽が差すときの窓辺が一番似合う


シャーレーポピー


こちらはシャーレーポピー!

見るものを元気付けていくれる赤、赤、赤。




ポピーにはひなげしという別名があり、響きがかわいい。

もうひとつの別称が「虞美人草」

聞くだけで興味の湧く名前である。



次いで楚の項羽の愛姫、虞美人の詩と、高校の漢文の先生の顔が浮かんでくる。

項羽が「虞や虞や、なんじをいかんせん」と詠うと、

「大王の意気尽きたれば、賤妾なんぞ生をやすんぜん」と返歌して自害。



このとき虞美人の流した血のあとに翌年美しい花が咲いた。

人々はこれに虞美人草と名を付けた。

虞美人が化して草花になったという伝説のゆえんである。




西アジア原産でまたの名を「麗春花」とも……。
     





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま

こんな会話の遣り取りこそがブログの醍醐味ですね。
こちらこそ ありがとうございました。


はじめまして

初めて参りました、ジャカルタに来てまだ3ヶ月のものです。k53
物価高騰するなか、家庭車購入迷い、給与にとまどい、っしりあいも少なく、引っ越し先も家賃はの高騰するなか、でみつからず、とほうにくれていたところ、ここにたどりつきました。
やはり、皆様ご苦労をかさねてきづきあげていらっしゃったのですね。
なかなか、誠実さと出会えることがあありませんが、がんばってみます。

はもさま

こちらこそ、初めまして。

> 初めて参りました、ジャカルタに来てまだ3ヶ月のものです。k53
最後のk53って何の暗号でしょう?(笑
最近のジャカルタはわかりませんが、私のカテゴリのジャカルタに記事を書いて
いますので、参考になさってくださいね。

> 物価高騰するなか、家庭車購入迷い、給与にとまどい、っしりあいも少なく、引っ越し先も家賃はの高騰するなか、でみつからず、とほうにくれていたところ、ここにたどりつきました。
私は子供を通して交友関係が出来ましたが、年齢や立場によって状況は異なり、、、、、
しばらくはご苦労が続くとおもいます。
どうぞ 悩んだ時や困ったらコメントを入れてくださいね。
鍵コメでも受付ま~す。

> なかなか、誠実さと出会えることがあありませんが、がんばってみます。
そうそう 隙あらばだまされることがありますからね。
長い間植民地だったので抑止力は続き、大きな犯罪より、軽い罪を犯す人が多いようでした。
時が薬ですよ、前向きに生きましょう!!

No title

素敵だわねぇ~~~(*^_^*)

10年程前に横浜のみなとみらいの傍には
こんな風なポピーの花畑が広がっておりましたが
去年の秋に遊びに行った時には
まったく花畑が無くなってしまって
お店が立ち並んでおりました。

こういう空間があるといいですねえええ。

No title

この花瓶、お花いけなくても素敵ですね。
お花をいけない方が素敵かな?
お花が無いときには、最高です。(笑)

虞美人も楊貴妃も本人は悪くないのに、美人は薄命です。

ちわわんさま

> 素敵だわねぇ~~~(*^_^*)
お花って社会の必需品ですよね。

> 10年程前に横浜のみなとみらいの傍には
> こんな風なポピーの花畑が広がっておりましたが
それは素敵な風景だったでしょうに、、、、、。

> 去年の秋に遊びに行った時には
> まったく花畑が無くなってしまって
> お店が立ち並んでおりました。
ショックですね~
今年は特にお花たちが愛おしくて、生きているって感じがして。

おはなさま

> この花瓶、お花いけなくても素敵ですね。
存在感のあるお気に入りの花瓶です。

> お花をいけない方が素敵かな?
これにはお花は入れません、師匠の仰るとおりです(笑

> お花が無いときには、最高です。(笑)
助かっています。

> 虞美人も楊貴妃も本人は悪くないのに、美人は薄命です。
そうですよね~本人は悪くないというところを読んで噴出しました。
おはなさん、楽しい!
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR