FC2ブログ

クスノキ




クスノキって書くより、「楠の木」と書きたい。

実際の漢字は 楠 のほかに   とも書く。

楠という響きから連想して、、、子供の頃に歌っていた歌を。




     ♪♪青葉茂れる桜井の 里の当たりも夕間暮れ

       木の下陰に駒とめて 世の行く末をつくづくと

       偲ぶ鎧の袖の上に 散るは涙かはた露か♪♪

                           


ほんの小さな子供だったのに、母から教わったこの歌の切ない

メロディーには胸が締め付けられたものだ。





クスノキ


この木、なんの木、気になる、気になる木、、、、、楠。

4年くらい前市が、6メートル幅の舗道に楠を街路樹として植えた。

3メーター近い木だったのに、現在では5メートルほどに。




常緑樹で木陰も作るし、見た目も大きな木があるのはいいものだ。

ところが木の葉が舞い落ちるため、掃除が大変。

常緑とはいえ秋は散る量が多く、春は世代交代でまた散る。




風が吹くと世の中の落ち葉が全部ウチへ集まるような気がする。

油断して掃くのを怠ると、隣近所へ飛んでいってしまう。

黙々と掃きながら心の中で、

  「ありがとう、この木のおかげでいい思いをしています」

と唱える。 (何事も修行です)




いずれ20メートルの高さになるという楠。

嬉しさ、あり難さとは裏腹に、落ち葉のことが頭を掠める・・・・






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

「塵を払い、垢を除かん」ですね。素晴しいことです。
ちかごろ家の前を掃く人が減りましたよね。
たいした間口じゃないんですけど、
うちも朝掃くと昼には隣から飛んできます。(笑)

楠の木の木陰って、とっても意味深し。
と思うのは古いでしょうか~、カリカリ。

おはなさま

> うちも朝掃くと昼には隣から飛んできます。(笑)
幸い両隣の方は「自分の家の前だけ気にしましょう」と言ってくださいます。
あまり神経質にされると家を空けられなくなるし、、、、ね。
柿の木も落ち葉を気にして切ってしまいました。
もう実の付きも悪かったので未練はないのですが。

> 楠の木の木陰って、とっても意味深し。
> と思うのは古いでしょうか~、カリカリ。
いえいえ、樟脳の効果もあるらしいし、優れものです!!
それにしても おはなさん、博学多識でいらっしゃる・・・・(降参!
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR