FC2ブログ

韓国の「楽古齋」に泊まる




未踏の地だった韓国へ行った。

近くて遠い国、行きたいと思ってから叶うまで3年間。

メンバーは二人の娘と二人の孫ともちろん夫と全員で6人。




夫のペースに合わせ、子供たちに付き添いの同行を願った。

企画はわたしで、韓国という場所へ行くだけでいい、観光をしなくてもいい、と。

探していると 北村 という伝統家屋のある場所にゲストハウスを見つけた。

北村とは世界遺産チャンドックン(昌徳宮)とギョンボックン(景福宮)の間にある町々のことで、

両宮殿の間にある地域と言う理由から朝鮮時代の高級官僚が沢山住んでいたという。




予約でいっぱいで困っていると、別館でよかったらとのこと。

仮に本館よりは程度が落ちるとしても、日程の都合がつかないので了承。




いよいよ憧れの 「楽古齋」(らっこじぇ) に泊まることに。

楽古齋とは韓屋内部を美しい調和で織り成し、韓国の伝統文化と料理を体験できる

民宿風の宿。


ラッコジェ


本館の吹き抜けの板の間で食事をした。

そこから目に映るものを撮影。

この家には門が3箇所あり、どれがどういった目的の門なのか・・・

この門が一番立派だというわけではない。


ラッコジェ2


板の間から見た反対側の景色。

使用されている門はこの左手にある。

この大きなカメがほしい!


建具デザイン


建具のデザインと細工が素晴らしい。

家の外に向いてこのような建具が建てられていたりもする。

雨風は大丈夫なのか、お掃除は大変だろうに、などと主婦の感想。


瓦


廃棄された瓦を積み上げて庭のオブジェに。

笹が趣を添えて。


土壁


こちらも廃物利用で瓦を土壁に埋めている。

この塀は京都でも見かけた。


竈


薪を燃してお湯を沸かしている。

薄く煙が立ち上り、懐かしいにおいが……。

実用というよりはムード作りのためらしい。


小学校の塀


宿へは大通りから入って小学校の横を通り過ぎて行く。

この塀は小学校の楽しい壁。

片方にはいろんな絵が描かれている。




韓国人は背格好や顔に違和感がなく街も日本と同じでほっとする。

印象的なことをアップしていく予定です。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしいところです

プッチョンは素晴らしい所です。
レストランがないので一日中というわけにはいきませんが
散策するだけで半日くらい楽しめました。

少し開いた門扉の奥に生活を感じたり
表に置いた唐辛子の意味を考えたり
今風の外構の煉瓦の彫刻模様や木材の飾り彫に
当主の気張りを垣間見たり
幼稚園の送迎に集まるお母さんやおばあちゃん方をみて
楽しく過ごしたことを思い出しました

あいうえださま

> プッチョンは素晴らしい所です。
そうでしたね、韓国での写真をブログに載せていらっしゃった・・・

> レストランがないので一日中というわけにはいきませんが
> 散策するだけで半日くらい楽しめました。
レストランは坂を下りればいくらでもありましたよ。
喫茶店も。
市街に行くと東京と同じようでしたが、この一帯はゆっくりと買い物が出来る
いいところでした。

> 少し開いた門扉の奥に生活を感じたり
その中で泊まったなんて、いい経験でした。
観光客が写真を撮る街並の一本道が違うところ。

> 楽しく過ごしたことを思い出しました
私もとてもよい印象を抱いて帰りました。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR