FC2ブログ

ロマン拡がる家紋



日本人なら誰でも持っている家紋。

最近はそれを意識する機会が少なくなった。

今では結婚式と葬式で家紋が登場するくらい。




式場で女性たちが着る式服。

いわゆる紋付で、嫁入りしてすぐだと実家の紋。

何年か経つと嫁ぎ先の紋が入った着物を着る。




親戚一堂が集まったときにずらりと同じ紋が揃う。

若い女性が違う紋をつけていると新婚さん。

異なった紋の人がいると、他人には借り物と映る。

昔は貸衣装に桐の紋がよく使われていた。




家紋は900年前、平安貴族が自分の身分や家柄を示すのに

好みの図案を選び、自家の用具につけたのが始まり。

江戸時代には一般人も使用が許され普及した。




本多忠勝
    紙本著色本多忠勝像


本多 家紋


徳川四天王の一人、勇猛な武士 本多忠勝 の家紋。

「立ち葵」で藤原北家兼通の流れが葵から判明できる。




徳川家の家紋「葵」の由来については諸説がある。

その一つに本多家と交換したという説が。

「立ち葵」が家康、松平家の家紋で、「葵」が忠勝の家紋だった。

据わりの良い葵を家康がほしい と申し出たのだ。




家紋の種類は10万はあるらしい。

自分がこの世に存在するには10代遡れば1000人の男女の

係わりがあったという。




戸籍と違って家紋は勝手に変えられるので、家紋が同じだからといって

先祖が同じだとは限らない。

でも この小さな図案から読み取れるロマンが想像力をかきたてる。




結婚前、「お宅の家紋は?」と聞かれた夫は「ウチにはありません」って。

母が絶句していたのが昨日のことのよう・・・







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

マダム!お久しぶりです!!
家紋...うちは稲穂の家紋が受け継がれてきておりますよ
神社の出の母にとって家紋はとっても大切のもののようです
それなのに、、今回息子の七五三の着物の家紋を入れる時間が無くて
家紋なしのまま撮影...母は絶句...
マダムのお母様のように...汗

ぼるんちゃん

まあまあ、お元気でした?
帰国していらしたのですね。
親孝行なさった?それとも甘えてばかり・・・?

> それなのに、、今回息子の七五三の着物の家紋を入れる時間が無くて
> 家紋なしのまま撮影...母は絶句...
まずは おめでとうございます。
神社のお嬢さまだったお母さまにとって家紋の重みは大変なものでしょうね。
お参りすることに意義があるので、今回の家紋入れの件は神様も許してくださるでしょう。

日本で浅草のカッパバシに行かれました?
私も一度行ってみたいところですが。
台所用品が何でも揃うんですって。
お料理教室の記事を楽しみにしていますね。

家紋

マダムこんばんはー。

家紋は各家にあるのでしょうけど、最近は見たことがない方も
多いかもしれませんね。
私は我が家の家紋を見る機会がありました。
同じ家紋の方だと親近感がわいてしまいそうです。

マダムのお母様が絶句されたエピソードにふふっと笑ってしましました。旦那様とマダムのお話はいつも楽しいです。

yoshikoさま

> マダムこんばんはー。
今日もそろそろ終わりの時刻、、、こんばんは。

> 同じ家紋の方だと親近感がわいてしまいそうです。
それにしても10万種類もあるなんて……。
珍しい紋だと系図を聞きたくなりますよね。

>旦那様とマダムのお話はいつも楽しいです。
それが近頃は雲行きが怪しくなってきました~
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR