FC2ブログ

懐メロによせて




チューリップ




秋からの新番組への移行期、テレビ東京で恒例の懐メロ歌番組。

昭和40年代でもビデオテープに収録するのは高くつき、当時の

録画は少ないようだ。

ちょっと前までは年を重ねた本人が出演し、声の伸びもなく聞きづらかった。




10月4日の放送では歌が流行った何十年か後の本人のビデオが多かった。

懐メロを聞いていて思い出したことを・・・




チューリップの「心の旅」が流行ったとき。

あの歌詞、

   もしも許されるなら 眠りに就いた君を

   ポケットに詰め込んで そのまま連れ去りたい

年子の娘を抱きかかえながらモーレツに嫉妬したものだ。




そんな言葉、言われてみたい。

結婚してもいないのに、傍に寝ているなんて・・・




わたしたちの新婚実生活はまるで「神田川」だった。

若すぎて社宅に入れなかったのでお風呂もないアパートに住んだ。

冬 お風呂から上がるときの合図に、夫が口笛を吹くことに。

約束の曲が聞こえてきたとたん、また誰か他の人が吹き始めて混乱。




帰りの雪道で鍵を落とし、大家さんに借りに行ったことも。




娘たちが小学生のころ、わたしがこの歌を歌っていた。

「♪ただ、あなたの優しさが怖かった・・・♪」

「どうして優しいと怖いの?」

そうですね……。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

神田川

こんばんは
高貴な白秋マダムさんですが
そんな気持ちが沸くことがあるなんて。
親しみが沸いてきました。
デモ、神田川は良い歌ですね。
今も心に響く歌です。昭和はよかったです。

しょこらろーずさま

こんばんは。

> 親しみが沸いてきました。
同じ頃を生きていたお仲間ですよ~

> デモ、神田川は良い歌ですね。
> 今も心に響く歌です。昭和はよかったです。
昭和って生活が慌しく改善された年代でしたね。
明日は必ず今日よりは良くなるって信じていました。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR