FC2ブログ

食器、ブルーダニューブ



もう40年位前の話

友人が「あのコーヒーカップ、お高いのね~」といった。

「そんなことない、ない。高いのは買えないもの」、わたしは必死に否定。

「だって三越の食器売り場の奥の、鍵の掛った戸棚の中にあったわよ」




この誤解が解けたのはアメリカに行ってから。


ブルーダニューブ


お馴染みのデザイン。

あの有名なマイセン・・・ではありません。

ブルーダニューブ という食器。




このカップは1968年、初めて行った銀座で見つけたもの。

6客セットだった。

ただ好きだったから手に入れただけ。

当時のわたしはマイセンという名前も知らなかった。




1975年アメリカはヒューストンのデパートでこの同じ食器に出合った。

嬉しくて3客買い足し、日本の食器が……と感激。

誕生日だから、結婚記念日だからと理由をつけては買い足し、買い足し。




ジャカルタでも売られていたので、いろんな種類の食器を集めた。

大皿小皿、ティーポット、シュガー&クリーマー、スープ皿、マグカップ、

四角い変わり皿、リーフ皿・・・・

何といっても、これらはマイセンに比べるとても安い。






もちろん マイセンの「ブルーオニオン」 を初めてみたときは驚いた。

そっくり!

でも、マイセンの方がデザインに対し 余白部分が多い。


古いほう


最初のバックマーク


新しい方


こちらは2代目のマーク

現在は3代目のマークが使われている





ヒューストンにいたときのドイツ系のお隣の小母さまはこの食器を見て、

「アメリカ人は made in Japan が好きよ」と。

そのころアメリカで売られている小物やちょっとした食器は日本製ばかり。

その後 台湾製、韓国製と続き、いまは中国製が主流に。




ブルーダニューブがきっかけで、我が家の食器はブルー系で統一。

いまでは和食器を使うことが多く、写真にでも撮っておこうと……。










スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あら・・・

じゃあじゃああ・・ひょとして。。
喫茶店で普通に使われていたのはこちら?だったのかしら?

東京のニューオータニの喫茶で使われていたのは全て本物だったけれど。
こんなところで?ってびっくりした覚えがあるなあ。。。

Re: No title

こんにちは。

喫茶店でたくさん使われていたらマイセンではないかも。
でも拘りの喫茶店で趣味性の高い本物のカップを使っているところもあります。

それからブルーオニオンは偽物という意味ではなくて、世界中で
たくさんあの模様の食器が製造されています。
世界4大ブルーオニオンなるものもありますし。

窯印を見れば一目瞭然ですが、そんなことをするのはお行儀も悪いしね。

因みにマイセンが手描きだとうたっていますが、デザインをプリントした後
筆で上からなぞっているのです。
それを見たときはちょっと衝撃モノでした・・・・

No title

難しいことは分からないし、拝見するだけですが、(笑)
たまねぎパターンがおもしろくて、ブルーオニオンが大好きです。
白地に紺の元祖唐草模様、
ケーキや紅茶が映えそうだな~って憧れます。
そういえば、描線の細かさ、陶肌の滑らかさ、薄さ硬さなど、
いろいろあるような気がしますね。

高価な物というのではなく、
デザインや品質が心に響いてのご購入。
素敵ですね。

おはなさま

> たまねぎパターンがおもしろくて、ブルーオニオンが大好きです。
面白いという発想も面白い、、、(笑
さすが植物博士ですね。

> そういえば、描線の細かさ、陶肌の滑らかさ、薄さ硬さなど、
> いろいろあるような気がしますね。
そこまで見分けがつく人を、>難しいことは分からないし、拝見するだけですが、(笑)、とは
言いませんよ。

> 高価な物というのではなく、
> デザインや品質が心に響いてのご購入。
ですよね~
琴線に触れて買った後で、いいものだと判ったときの嬉しさ。
見る目があったぞって・・・

No title

こんにちは!
ブルーダニューブ、私もディナー皿だけ持っています。

お店で見かけた時、マイセンのブルーオニオンかと思って手に取ったら、お値段が安かったので、”???”。
よ~く見たらブルーダニューブという聞いたことのない日本製のお皿でした。デザインや形、ほんとにマイセンとそっくりですよね。

ブルーと白い食器っていいでよね。私もついつい眼がいっちゃいます。

Hirokoさま

関東、どか雪が降りました。そちらは如何でしょうか。

> ブルーダニューブ、私もディナー皿だけ持っています。
プラターは結構役に立ちますよ。

> お店で見かけた時、マイセンのブルーオニオンかと思って手に取ったら、お値段が安かったので、”???”
0が一つ足りないくらいでしょ?

Hirokoさんの食器好きはよ~く存じ上げております。
テーブルセッティングもいつも楽しみです。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR